北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦が中止 新型コロナ感染拡大受け【壮瞥】

 昭和新山国際雪合戦実行委員会(阿野裕司実行委員長)は、来年2月20、21の両日に予定していた「第33回昭和新山国際雪合戦」の中止を決めた。中止は2大会連続となる。同実行委は「雪合戦の存続のために判断した」としている。

 理由として、新型コロナウイルスの道の警戒ステージが「3」に上がり、大会が無事に実施できるか予測できない状況をはじめ、クラスター(感染者集団)が発生した場合に大会存続の問題になる可能性がある点、感染防止策を講じても感染リスクをゼロにはできない―などを挙げている。

 阿野実行委員長は「リスクを背負ったまま、大会実施を進めることが結果的に選手、関係者、協賛企業、地域の皆さまに多大なるご迷惑をお掛けする可能性がある」と、中止決定に理解を求めている。

関連記事

苫小牧民報

白老の魅力を発信 おもてなしガイドセンター発足 観光振興に一役

白老町の観光ガイド養成講座を受講した有志らが14日、「白老おもてなしガイドセンター」を立ち上げた。旅行者に豊かな自然やアイヌ文化など白老の魅力を発信する組織。町民17人が会員となり、まちの観光振興...

苫小牧民報

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

十勝毎日新聞

福原「塩ザンギ」金賞 管内スーパーで初 からあげGP【帯広】

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ肉...

十勝毎日新聞

森の里コミセンに期日前投票所新設 市選管次期衆院【帯広】

 帯広市選挙管理委員会は、年内に実施される衆院選で、森の里コミュニティセンター(西22南4)を新たに期日前投票所とする。新型コロナウイルス感染の拡大防止や、有権者の利便性向上が目的。市内の期日前...

十勝毎日新聞

静かにもぐもぐ 初めての給食 市内小学校【帯広】

 帯広市内の小学校で15日、4月に入学した1年生の給食が始まった。教諭が新型コロナウイルスの感染対策を指導する中、児童は笑顔で給食を頬張った。  開西小(和田尚史校長、児童241人)は今月、3...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス