北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

マークエステルさんが函館八幡宮に油彩画を寄贈【函館】

応神天皇と母、神功皇后を描いた油彩画を函館八幡宮に奉納したマークエステルさん(左)と川見宮司

 日本の神話などを題材に、水墨画の「にじみ」を油彩で表現し「色彩の魔術師」とも言われるフランス人洋画家、マークエステル(本名マーク・アントワーヌ・スキャルシャフィキ)さん(77)が21日、函館市谷地頭町の函館八幡宮(川見順春宮司)を訪れ、同八幡宮の主祭神である応神天皇と母、神功皇后を描いた油彩画を奉納した。

 マークエステルさんは外交官として1970年の大阪万博開催時に初来日。清水寺(京都)で和紙に描かれた水墨画のにじみに魅せられ、芸術家の道に進むことを決意。72年から油彩を始め、東洋画と西洋画を融合させた独自の技法を確立。誕生日が同じ(2月26日)という故岡本太郎氏とも親交を深めた。

 日本人の自然を大切にする心の温かさや、愛が詰まった日本神話の精神を描き世界へ発信し、これまで伊勢神宮などに油彩画やブロンズ像などを奉納。昨年11月の「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」では自身の絵本「日本神話」の絵画が紹介された。

 この日は札幌市内で開催中の来日50周年記念個展を機に函館入り。全国で188作品目の奉納となった同八幡宮への作品はF20号(約72×60センチ)で3年前に描き、画集「日本神話の愛の道を巡る」に収録している。奉納奉告祭が行われ、責任役員らに披露された。

 川見宮司は「大変ありがたい。大地が黒で力強く神が立っているようだ。参拝者が見られる場所に設置したい」と感謝し、マークエステルさんは「平和と愛情が広がることを感じてもらい、日本の神道精神が世界に通用するようになってくれれば」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...