北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝沖でメタンハイドレート採取成功 北見工大【十勝】

 北見工業大学は24日、十勝沖で次世代エネルギー資源「メタンハイドレート(MH)」の採取に成功したと発表した。海底付近に存在する「表層型」で、国内太平洋側での採取は初めて。十勝沖では同大が2014年の調査でメタンの噴き出しを発見し、存在の可能性が高いとされていた。調査を担当した同大の山下聡教授は「実際に採取できたのは大きい。採取物の分析を行うことで、十勝沖での生成メカニズムの解明が格段に進むことが期待できる」としている。

採取された表層型メタンハイドレートの塊(中央の白い部分。北見工業大提供)

 同大環境・エネルギー研究推進センターが11月3~8日に十勝沖で調査した。MHは海底の地層内などに埋蔵される天然ガスの一種で、次世代エネルギーとして注目されている。

 同大は14年に十勝沖約80キロの海底で巨大なメタン(天然ガスの主成分)の噴き出しなどを確認し、「メタンハイドレートがある可能性が非常に高い」としていた。17年から同海域で調査を続けていた。

 採取に成功したのは水深935メートルの海底で、長さ3~4メートルの採泥管で堆積物を採取する「重力式コアラー」によるサンプリング調査を行った。最も浅くて深さ約50センチの海底で、厚さ25センチほどの白いMHの塊を確認した。分析した結果、結晶に含まれるガスの99%がメタン生成菌で作られたことが分かった。

今回の調査海域(国土地理院地図に加筆。北見工業大提供)

 山下教授は「堆積物の隙間に板状または点在することが多いが、塊は非常に珍しい。一帯に帯状に分布し、広範囲に広がっている可能性がある。どれだけ分布するかは精密な調査が必要」と話している。

 十勝圏活性化推進期成会(会長・高橋正夫十勝町村会長)は国に対し、十勝港(広尾町)を拠点としたMHの資源調査や開発計画の促進を毎年要望。広尾町単独でも15年に経済産業省へ要望している。

 広尾町の村瀬優町長は「十勝沖でMHが採取されたことは喜ばしいニュース。未来のエネルギーとして、十勝港を拠点とした新産業の創出につながれば」と期待を寄せている。

<メタンハイドレート>
 メタンと水が結合したシャーベット状の物質で「燃える氷」とも呼ばれる。日本近海には国内で使用する天然ガス100年分の資源の埋蔵が推定されている。経済産業省が調査を進め、深い海底に位置する「深層型」の資源量や採取技術の研究が進んでいる。「表層型」は資源量調査や採取方法の技術開発中。北見工大は2011年から北海道周辺海域で海底表層の調査を行い、オホーツク海の網走沖で採取に成功している。

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス