北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

サッカー「カッパキッズカップ」 2社新スポンサー、登別「成進」とアスレタ契約【室蘭】

スポンサーが決まり継続可能となった小学4年以下の大会=2019年4月のカッパキッズカップ

室蘭地区協会、安堵

 室蘭地区サッカー協会が行っている大会「カッパキッズカップ」のスポンサーが撤退し、来季の開催が見通せなくなっていた問題で、新たに2社がスポンサーに名乗りを上げたことが25日までに分かった。すでに契約を済ませており、同協会は安堵(あんど)している。

 新たにスポンサーとなるのは、ブラジル発祥のスポーツブランド「ATHLETA(アスレタ)」(本社東京)と、登別市の建設工事業「成進」(中里友宣代表取締役)。

 アスレタは昨季から低学年を対象とした教室「ピッコロランド」や幼稚園の巡回指導にも協力しており、同協会が打診。快諾した同社は17日に来蘭し契約する予定だったが、新型コロナウイルスの感染が拡大したためメールで契約を済ませた。

 21日に契約を結んだのは、地元企業の成進。9月に報じたスポンサー撤退の記事を目にし「困っているのであれば力になりたい」と同協会に連絡があった。

 スポンサー探しに奔走していた同協会の長谷川進会長は「両社にスポンサーを引き受けていただき、本当にありがたい」と、事業継続にめどが立ち胸をなで下ろした。

 カッパキッズカップは幼稚園から小学4年生までを対象とした同協会のメイン事業。2010年(平成22年)に始まり、昨年第10回大会を迎えた。室蘭は雪解けが早いため例年4月末に開催。屋外で試合ができるため選手たちの人気を得ている。

 参加チームも右肩上がりに増加。昨季は全道63チームの約600人が参加した。2日間の日程で行われるため、選手や保護者は市内に宿泊する人も多い。そのため市内の宿泊施設や飲食店では大会中止の影響を懸念する声が上がっていた。

関連記事

名寄新聞

「チョウザメ巻き」節分前に予約販売【美深】

 びふか温泉(渡邊英行支配人)では、2月3日の節分を前に、チョウザメのフライが入った恵方巻きを発案。50本限定で現在、販売予約を受け付けている。  美深町内では、町が主体となってチョウザメの養...

名寄新聞

「大寒」に厳しい寒さ・今季最低気温を観測

 「大寒」の20日、本紙管内では厳しい寒さに見舞われ、早朝には今シーズン最低気温を観測した。  旭川地方気象台のアメダスのデータによると、最低気温は名寄マイナス25・4度(午前6時10分)、美深マイナ...

函館新聞

「フロアボール」競技の輪広まれ 道南で普及活動【函館】

 プラスチック製のスティックと穴の開いたボールを使用して得点を競う室内競技の「フロアボール」を普及させようと、アイスホッケーチームのFUNKY STUFFを中心としたメンバーが週1回、七飯町鶴野...

函館新聞

丸井今井の思い出教えて 開業130周年でエピソード募集【函館】

 函館市本町の丸井今井函館店は、今年4月で開業130周年を迎えることを記念し、旧店舗建物の市地域交流まちづくりセンター(末広町)と協力し、旧店舗時代から現在までの丸井今井にまつわる思い出エピソー...

日高報知新聞

寒締めホウレンソウ【平取・日高】

【平取・日高】しわのある葉が特徴の冬の味覚「寒締めホウレンソウ」の収穫作業が平取・日高両町で最盛期を迎えている。  平取町紫雲古津の香田文雄さんは、寒締めホウレンソウをビニールハウス1棟(180...