北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

災害復旧用の特殊機械製品化 むかわ町/北見工大/苫高専/とませい/M Dinoが連携協定

災害復旧用特殊機械の研究開発に係る5者連携協定を結ぶ関係者

 むかわ町と北見工業大学の地域と歩む防災研究センター、苫小牧工業高等専門学校地域共同研究センター、苫小牧市の清掃業「とませい」、むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は26日、災害復旧用特殊機械の研究開発に係る5者連携協定を結んだ。とませいが持つ特殊コンクリートポンプの特許技術を生かした特殊機械の製品化を目指し、5者連携で研究開発を進めていく。

 同日、町役場に併設する産業会館と北見工大、苫小牧高専の3会場をオンラインでつないで調印式が行われた。竹中喜之町長は「一昨年9月に発生した胆振東部地震から間もなく2年と3カ月。徐々に復興への足音が聞こえ始めているが、まだ道半ば。いざという時に人命と地域を守るため、ワンチームとして前進、進化していきたい」とあいさつ。「一つの分野ではできないことを5者が連携することで、協創のまちづくりに生かしていけたら」と期待した。

 今後、とませいの持つ特殊コンクリートポンプの特許技術を生かし、重機に脱着できるユニット式の開発、商品化を進めていく。北見工大では被災地域の特性や堆積土砂の搬出に関する研究を進め、同時に苫高専では汚泥等の圧縮減量化による作業の効率化を図る研究を進行。町は国や他自治体、関係機関への周知、エムディノは商品化後の販売業務を担うことになる。

 とませいによると、特殊機械は幅広いコンクリートポンプ車に使用でき、導入することで人員も最小限にすることが可能。併せて、従来のポンプは約4500万円以上と高額だが、ユニット化により費用は数十分の1程度まで抑えられるという。

 同社は今年度の商品化に向けてさらに実証実験・改良を進めていく考え。渡辺健治社長は「当社の持つ特殊な技術を使い、住み続けられるまちづくり、パートナーシップの目標達成に貢献していきたい」と意欲を示した。

 エムディノの遠藤研二代表は「道内の技術を日本だけではなく、世界に広げる役割を担えたら」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

寒晒し そばに風味 仕込み作業進む【新得】

 新得物産(合田一昭社長)の直営店「新得そばの館」(新得町基線104)で、「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業が進んでいる。23日から3月31日まで同店で、1日20食限定で提供する。  寒...

十勝毎日新聞

ごみ置き場 路上新設防止へ 市が設置要綱制定【帯広】

 帯広市は、ごみ出し時の市民の安全確保と円滑な収集作業のため、「ごみステーション」の設置基準を明記した要綱を新たに制定した。特に歩道や樹林帯を含め道路用地を占有している固定式ごみボックスは、交通事...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス