北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

携帯用トイレットペーパーを開発 レジャー需要や衛生対策に-東京紙工道工場

コンパクトで持ち運びしやすい「ノンノ」

 レジスター用ロール紙などを手掛ける東京紙工北海道工場(苫小牧市柳町、本社埼玉県和光市)が、バッグにも入るコンパクトな携帯用トイレットペーパー「ノンノ」を製造・発売した。コロナ禍による屋外レジャー人気や衛生意識の高まりに応える商品で、市内外での販路拡大を目指す。

 「ノンノ」は幅11・5センチ、長さ13メートルのロール3本入り。1本の直径は3センチほどで、分量はポケットティッシュ3パック分。リュックやバッグのわずかなスペースに入れて持ち運ぶことができ、ロールをカットする紙製ホルダーも付いている。水に解けるため、使用後はトイレに流せる。

 同工場では、小売店などで用いるレシート用のロール紙を中心に製造。紙を巻く技術を応用した新商品の開発を2017年から検討してきた。屋外で密にならずに楽しめるアウトドアブームに加え、公衆トイレのペーパーの使用を気にする人も増えていることから、登山、釣り、ペットの散歩、防災、旅行など幅広い用途に適し、携帯できる商品を考案した。

 同工場生産部の尾崎秀行主任(46)は「女性社員の意見も聞き、持ち運びに便利なサイズを工夫した」と振り返る。アイヌ語で「花」を意味する「ノンノ」のネーミングは男性社員のアイデアだという。

 パッケージの色はピンクとベージュの2種類。市内では現在、植苗の道の駅ウトナイ湖で税込み380円で販売している。今後は市内外のドラッグストアやスーパーにも販路を広げたい考えだ。  同社の綾秀樹北海道営業部長(52)は「ダブル(2枚重ね)や動物のキャラクターをあしらった商品も検討したい」などと話している。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス