北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ゆで落花生 今年も販売 十勝グランナッツ【帯広】

色彩選別機を背に、レトルトゆで落花生をPRする(左から)田中代表、エア・ウォーター十勝食品の東勝巳社長、佐藤幸一生産部長

 十勝で落花生のバリューチェーン(価値の連鎖)化を目指す「十勝グランナッツLLC」(帯広、田中一郎代表)は12月1日から、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」をコープさっぽろなどで数量限定で販売する。2年目の今年は効率化を目指し、製造工程の機械化を試行した。

 同LLCは昨年夏に設立された産学官金連携の農業系合同会社。増田正二帯広信用金庫相談役や秋本正博帯広畜産大准教授、エア・ウォーター十勝食品(更別)、NTTデータ経営研究所(東京)などが出資した。レトルトゆで落花生は初の自社加工品として昨年秋に限定販売し、同年内には完売した。

 今年は農林水産業みらい基金(東京)の助成を受け、人力で行っていたラインを中心に機械化。洗浄機や乾燥機、色彩選別機などを購入し、エア・ウォーターの工場内に設置した。

 9月下旬から10月上旬にかけ、芽室町の生産者が収穫した落花生を加工。レトルト殺菌工程はエゾの杜(池田)が担った。パック詰めまでの生産能力は約2.5倍に高まり、佐藤幸一生産部長は「昨年は選別に10人必要だったのが2人で済み、作業時間も1日がかりだったのが数時間で完了した」と説明する。

 1袋200グラム入りで680円(税抜き)。約3600袋限定。田中代表は「コロナ禍でイベントができないなど予定通りに進まなかった面もある。来年度以降は製造を担ってもらう業者を見つけ、本格生産に臨みたい」と話している。問い合わせは田中代表(080・3127・6812)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...

十勝毎日新聞

果物ぎっしりサンド フルーツスタジオ、ハピオがコラボ【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営する「ハピオ」(音更町木野大通西7)は、帯広市内のスイーツ店「Fruit Studio(フルーツスタジオ)」とのコラボ商品「フルーツサンド」を21日か...

十勝毎日新聞

カフェ「フォーシーズン」 「安くいっぱい」思いメガ盛り【上士幌】

 地域住民らから長年愛されてきた上士幌町のカフェ「フォーシーズン」(上士幌東3線)の名物といえば、4合もの白米を使った「オムライス・大」(1260円)。新聞やテレビなどで取り上げられたこともある名...

十勝毎日新聞

道内チーズ 今年も集結 藤丸で17日までフェア【帯広】

 道内の乳製品を一堂に集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2021」が14日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。会場は初日からチーズや牛乳などを買い求める人でにぎわっている。17日まで。 ...

十勝毎日新聞

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく【新得・音更】

 寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではマンゴーやバナナといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス