北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

クリファンメインツリー到着 12月1日開幕【函館】

台船に乗せられて会場のベイエリアに到着した巨大ツリー(午前9時10分ごろ、緑の島から)

 12月1日に開幕する「2020はこだてクリスマスファンタジー」(実行委主催)のメインツリーが27日、金森赤レンガ倉庫群前会場に到着した。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から今年はステージは設営しないが、期間中の毎日午後6時の点灯に合わせ花火は打ち上がる。

 例年、函館の姉妹都市カナダ・ハリファクス市からモミの木が贈られるが、現地のハリケーンの影響で代替木となった昨年に続き、今年も道産トドマツを使用。ツリーは函館湾沿いの事業所敷地内で電飾を施した上で、同日朝に台船で移動し、午前9時過ぎに会場周辺に到着。30日夕には試験点灯し、本番に備える。

 今年は1998年のクリファンスタート以来初めて点灯式などの関連イベントは全て中止となり、好評のスープバーの出店もない。  実行委事務局の函館国際観光コンベンション協会の布谷朗専務理事は「例年とは違うクリスマスファンタジーとなるが、感染対策に気をつけて楽しんでほしい」と話している。

 ツリーは12月25日までの期間中、午後4時半~同5時45分、同6時~同10時に点灯。花火は毎日同6時と、最終日は同8時にも打ち上げる。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス