北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

冬レジャーにキャンプ注目 過去最多の利用ペース-苫小牧アルテン

アルテンでキャンプを楽しむ夫婦=25日午後

 新型コロナウイルス感染防止のため、密を避けてレジャーを楽しむアウトドアブームが続いている。苫小牧市樽前のオートリゾート苫小牧アルテンのキャンプ場では、気温が下がる秋以降も客足が途切れず、10月の利用者は前年に比べて2倍超。11月も400~500人多くなる見込みだ。

 冷え込みが増した25日、平日ながら利用客の姿が散見された。たき火をしながら、こんろで調理をしていた登別市の会社員、小川利人さん(41)は年に20回以上キャンプを楽しむという。アルテンは今年5回目の利用で「たき火を楽しみに来た。思ったほど寒くない」と笑顔を見せ、妻の貴子さん(38)も「虫もいないし、設備も整っていていい」と雰囲気を満喫していた。

 テントサイトやコテージを有し、通年で営業する同施設は今年、コロナの流行で4月1~19日と5月1~24日に休業を余儀なくされた。だが、4月から今月24日までの利用者は3万6804人と、2019年4~11月の3万6614人を上回り、休業期間を補うほどの好調ぶり。このペースでいけば、過去最多となった19年度の4万2872人を超える見通しだ。

 例年は利用者が減る10月だが、今年は3966人と前年の1754人に比べ2倍以上の伸び。11月は24日までに3253人と、前年の11月全体の3266人と同程度に並ぶ。28、29日の土日も含め400~500人の増加を見込んでいる。

 運営する苫小牧オートリゾートの宮田哲也社長は「利用者の2~3割は初めて訪れる人だった。コロナで行くところがなく、キャンプ場が選択肢となったのでは」と推測する。テレビや動画投稿サイトでは、芸能人などが単独でキャンプやたき火を楽しむ動画が注目されており、1人で訪れる人も大幅に増加。前年11月の90人に対し、今年は24日時点で158人に上っている。

 普段は札幌市からも利用者が多く訪れるキャンプ場。宮田社長は「仲間と集まって話をするときはマスクを着用し、コロナ対策を取りながら楽しんでいただきたい」と話している。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス