北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

紙の縫い合わせ方について説明するスタッフ(右)

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。

 同館は縦2・4メートル、横14・4メートルと国内最大級の巨大高精細LEDディスプレイなど先端技術を使ったコンテンツを目玉とした施設。小中学生の利用が中心で、近年は修学旅行生の利用も増加していた。館内では以前より電源や無料Wi-Fiが使えるほか、平日は飲料をサービスするなどの工夫をしていたが、特に平日夜間の集客に課題があった。

 新たな取り組みでは12日から同館の蔵書約500冊が楽しめる「秋の読書展」(30日まで)を開催。月に1回程度大人を対象としたクラフトワークショップを計画した。

 第1弾として20日に開いたワークショップ「かすたむノート『上製本』」では、表紙約50種、ノート用紙など3種のほか、さまざまなパーツを用意し、オリジナルのノートを制作。作業は約60の行程があり、参加者は真剣な表情で用紙を縫い、表紙と組み合わせた。初めて同館を訪れた道教育大函館校4年の木下千暖さん(23)は「自分で1から材料を集めようと思うと大変。のり付けが難しく慎重に作業した。使うのが楽しみ」と話していた。

 入館料は小学生以上1回券300円。ワークショップは12月18日に「ウインターアクセサリー」、1月22日に「オリジナルギフトボックス」の制作をそれぞれ予定。ワークショップは事前に申し込みが必要。問い合わせは、同館(0138・26・6000)へ。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス