北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

スマホ通学定期を導入 窓口手続きいらず 十勝バス【帯広】

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)が26日から、スマートフォンがチケット代わりになる通学定期券の販売を一部路線で始めている。全国の交通機関で利用があるアプリ「バスもり!」を活用した。通学定期券の販売は、町村の窓口では朝昼夕の各1時間しか行っておらず、数カ月に一度の定期券購入に時間的制約があった。スマホで購入できるためその手間も省ける。今後、対象路線を広げられるかを検討する。

スマホを使った定期券購入をPRする若森乗合課長

 同社は、定期券を十勝管内の窓口11カ所で販売。町村からバスで通学する生徒は、最寄りの窓口の対応時間帯と通学のタイミングが重ならないケースが少なからずあり、定期券購入のために離れた窓口にわざわざ足を運ぶなどの不便があった。アプリが定期券代わりになることから、持ち運びも簡単になる。

 「バスもり!」は、電子決済の各種サービスを提供するウェルネット(東京)が開発したアプリ。道内でも定期券のほか都市間バスなどで導入事例がある。

 購入時に路線を選択すると、1、2、3カ月の定期券を選択でき、スマホ内のクレジットカード決済のほか、コンビニなどで支払える。

 学校発行の身分証明書をスマホで撮影し登録すると、運転手にスマホで定期券の画面を見せるだけで降車できる。対象路線は中札内と更別のスクールバスのほか広尾線。3路線で管内14校をカバーできる。

 若森克芳乗合課長は「3路線のサービス提供は試験運用と位置付け、他の路線や回数券の購入などに広げられるかを今後見極めたい」と話している。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス