北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

清水高 連覇 とかちマルシェ料理甲子園【十勝】

 全国の高校生が十勝産食材を使ってオリジナル料理を競う「とかちマルシェ料理甲子園」(とかちマルシェ運営協議会主催)が28日に行われ、「十勝を発掘!? わくわくごはん」を作った清水高校のチームが優勝した。同校チームの優勝は2年連続。

清水町産の黒ニンニクなどを使った「十勝を発掘!? わくわくごはん」

 5回目の開催だが、今年は新型コロナウイルス対策として書類とオンラインで審査を行った。全国34チームがエントリーし、書類審査の結果、十勝の6チームを含む11チームが同日の2次審査に進み、オンラインでプレゼンを行った。

 優勝した清水高のチームは、渡部優奈さん、安保穂乃華さん、鎌田恵一さん(いずれも2年)の3人がメンバーの「2年きょうりゅう組」。コロナ禍でストレスがたまる状況だが、親子で料理を楽しんでもらうことをコンセプトに、清水町産の黒ニンニクと枝豆、十勝産のナガイモを使用したレシピを考案した。

 枝豆を混ぜた白飯の上に肉みそと加熱したとき卵を載せ、周りにコンソメあんととろろを添えた。卵を割ると、中から恐竜の卵に見立てたウズラの卵が出てくるなど、楽しく食べられるように工夫した。

 清水高として2連覇を果たし、渡部さんは「昨年末からレシピを考え、努力が報われてうれしい」と笑顔。安保さんはレシピについて「黒ニンニクを肉みそに混ぜることで、子どもも食べられる味付けにした」とし、鎌田さんは「いま自炊をする人は少なくなっているが、高校を卒業した後も家庭で料理をしていきたい」と話した。

優勝した清水高校の安保さん、渡部さん、鎌田さん(画面左から)と、とかちマルシェ運営協のメンバー

 審査員を務めた料理研究家のきじまりゅうたさんは「レシピの完成度が高くプレゼンも完璧だった」、同じく料理研究家のヤミーさんは「食べるシーン、コンセプトが一貫していて伝わるレシピ」と評価した。

 そのほか、準優勝1校と奨励賞2校、審査員特別賞1校を選出。十勝からは奨励賞に広尾高の工藤唯さん、菅野来花さん、山下瑠那さん(いずれも3年)の「ライスボールinユリ根と昆布のうまポタージュ」、審査員特別賞に帯広南商業高の脇坂心音さん、大谷鈴さん(いずれも1年)の「十勝だんごとつくねのだんご汁」が選ばれた。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス