北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

日本管楽合奏コンテスト高校S部門で最優秀賞 鵡川高吹奏楽部「レベル高い演奏できた」

鵡川高校吹奏楽部が2020(第26回)日本管楽合奏コンテスト・高校S部門(3~15人編成)で最優秀賞に輝いた。3年生の鈴木楓香部長(17)は「すごくうれしい。1曲に全部を詰め込む勢いでやってきて、今までの中でもレベルの高い演奏ができた」と喜びを実感する。8人の部員が一昨年の胆振東部地震を乗り越え、流行する新型コロナウイルスを吹き飛ばすような明るい話題を地元に届けた。

3度目の挑戦で全国大会最優秀賞を獲得した鵡川高吹奏楽部

 公益財団法人日本音楽教育文化振興会が主催する全国大会。同部門には審査を経た18校がエントリー。今回は新型コロナウイルス感染症対策のため、事前に動画を撮影して提出する方式で11月21日に演奏がネット配信された。3年連続出場の鵡川高は、6月から練習を積んできたという江原大介さん作曲の「カムイ」を披露。同23日に審査発表があった。

 2年前に震災の被害に遭い、今年はコロナの感染症に翻弄(ほんろう)された。今まで当たり前だった日常が奪われ、地震当時1年生だった鈴木部長は「時間、環境を大事にしないといけないことを身をもって感じた」。思いもよらない事態を経験する中で成長した一方、何度もくじけそうになった。部活動をやめようと思ったこともあったという。

 特に今年はコロナ禍の影響もあり、昨年引っ張りだこだった演奏会の中止が相次いだ。指導に当たる顧問の青野貴文教諭(32)は「限られた練習だったからこそ、時間を大切に使っていたと思う。今持てる力を発揮したのでは」と評価。「人前で演奏する機会もなかった中で拍手をもらって、心の栄養にもなったはず。少ない人数だからではなく、少なくても頑張っていたら大きな舞台に立てるんだということを、一つの成功体験として感じてくれたのでは」と目を細めた。

 鈴木部長は「つらかったり、やめたいと思った時こそ、次に自分が強くなれるチャンス。それが結果になることを実感できた」と感慨深げだった。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス