北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

発熱検査センター開設1カ月 積極的検査で抑え込み 1日平均17人

苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、「苫小牧発熱検査センター」と「小児発熱検査センター」を開設してから2日で1カ月が過ぎた。発熱検査センターは1日当たり17.68人、1カ月で300人以上を検査し、前身のPCR検査センターの4倍近い利用となっている。道内でコロナ感染拡大が止まらない中、積極的な検査で抑え込みを図る。

苫小牧発熱検査センターの11月の検査件数と胆振管内感染者数の推移

 両センターは11月2日、市内に開設。PCR検査体制を強化し、コロナとインフル両方の検査機能を集約した。発熱などでコロナ感染の恐れがあり、かかりつけ医などが検査を必要と判断すれば、予約制で検査を受けられる。

 発熱検査センターは10歳以上が対象で、PCR検査センターの人員を3倍近くに広げた。小児発熱検査センターは9歳以下の小児専門となっている。

 このうち、発熱検査センターは平日午後1時半~同5時に検査。11月2日~30日の19日間で336人、1日平均17・68人を検査した。PCR検査センターが5月25日~11月1日の110日間で(道検査分を除き)494人、1日平均4・49人の検査に対し、約4倍を受け入れた計算になる。

 胆振管内は11月、月別新規感染者が121人に達し、それまで月別最多だった10月(36人)の3倍以上に感染が拡大。クラスター(感染者集団)も相次いで発生したが、新規感染者ゼロの日も4日間あった。沖会長は「早めのチェックが奏功し、道央の他地域に比べ感染者数は抑えられている」と分析する。

 小児検査センターの検査数は、プライバシー保護のため非公表だが「インフルはまだ流行しておらず、現状で十分対応できている」と説明。仮に児童を中心にインフルが流行した際は、両センターの運用を柔軟にして乗り切ることも可能とし、コロナとインフルの両にらみで即応する構えだ。

 コロナの先行きが依然として見通せないため「これからが本番」と気を引き締め、12月以降さらに緊張感を持って臨む。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス