北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

コロナ禍の暗い雰囲気一掃、ツリー点灯【中標津】

 

しるべっと広場南側から見る電飾ツリー(1日午後4時40分)

町総合文化会館前しるべっと広場のイルミネーションされた。いまだ収束しない新型コロナウイルスにより町内にまん延する暗い雰囲気を一掃する輝きとして、町民の目を楽しませている。

 このツリーは2008年に大地みらい信用金庫(本店根室市、遠藤修一理事長)が町に寄贈した。高さ10㍍、樹齢30年(当時)のアメリカハリモミの回りに7000個の電球が取り付けられている。毎年12月~翌年2月末まで、同信金が地域貢献事業として点灯している。

 ここ数年は木が弱り、事業を行うかどうか判断に迷っていたが、今年はで来年2月の「なかしべつ冬まつり」の開催も危ぶまれている。中標津地区エリア統括の吉田容広中標津支店長兼りんどう支店長は「コロナで暗い話題が多い中、少しでも地域を明るく照らしたい」と実施を決めた理由を話す。

 またこの日、中標津支店入り口ロビーにも高さ約4㍍の松の木のクリスマスツリーが設置され、25日まで利用者らの目を楽しませる。    

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス