北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29日開幕

円柱氷像の骨組みを作る実行委のスタッフら

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに9割程度が完成した。

 同湖での冬の観光を盛り上げるために地元有志が企画したイベント。昼間は「支笏湖ブルー」と呼ばれる澄み切った青色の氷像、夜は青や緑、赤など色とりどりにライトアップされる氷像が幻想的な空間を演出し、多くの観光客を楽しませてきた。

 43回目となる今回は新型コロナウイルスの流行下で開催が危ぶまれたが、地域に根差した文化、40年以上培ってきた氷像の制作技術継承のため開催を決めた。会期は2021年1月29日~2月23日。

 3密(密閉、密集、密接)が予想される「苔(こけ)の洞門」や「氷の水族館」といったトンネル型の氷像、子ども向けの滑り台、リンクなどの製作は取りやめた。飲食を提供するブースや休憩所の開設も見合わせるなど感染防止を徹底させる。

 支笏湖畔の会場では高校生を含む地元スタッフ13人が11月中旬から、鉄パイプや丸太を金具、針金で固定した骨組みを製作。作業は大詰めで、完成形をイメージしながら仕上げていた。

 今回は初の試みとして、支笏湖や樽前山などの周辺環境を表現した縦横約15メートルのジオラマ型の氷像、幅20メートル、高さ9メートルの巨大な氷壁などを作る。例年人気の高さ10メートル超の「ブルータワー」は今回5本建てる。

 「これまでとは違う世界観の氷像が並ぶ。見応え十分なものを準備している」と実行委・会場制作管理部の小林典幸部長。骨組み完成後は、氷が付着しやすいよう骨組みに魚網や木の枝を張り付ける作業に入る。今月下旬からは散水を開始し氷像制作に取り掛かる予定。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス