北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯広信金の商店街支援4店目 「あ~ちゃん食堂」開店【芽室】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)の助成金「おびしん街のあかり」を活用した「あ~ちゃん食堂」(芽室町東1ノ4、塚本亜香代表)が開店した。同信金が町商店街への新規出店に対し資金の一部を助成する制度で、2019年8月に始まった。同店で4店舗目となり目標助成額に達した。

家庭の味を提供する「あ~ちゃん食堂」の塚本さん

 「おびしん街のあかり」は、同信金が日本財団「わがまち基金」の交付金で取り組む地域創生支援計画の一環。同助成金を利用してこれまで町内で飲食店が開店している。

 10月に開店した「あ~ちゃん食堂」は、働く男性を中心に人気を集めている。ボリューム満点のメニューは、曜日ごとの日替わり(900円)、ザンギ定食(月曜)やチキン定食(水曜)などどれも“塚本家の味”で、持ち帰りも可能。塚本さんは「特にハンバーグ(火曜)は母のこだわりが詰まっている」と話す。500円でおかずだけの持ち帰りもできる。

 芽室出身の塚本さんは今年の春まで約20年間、帯広のスナックで勤務。「これからは料理好きな母と地元で何かやってみたい」と、10月に開店した。開店から1カ月以上がたち、塚本さんは「店を始めて、改めて接客業が好きだなと思った。『ただいま』『おなか減った』と言って来てくれる“家”のような店にしたい」と話した。

 営業時間は午前10時半~午後2時半。定休日は日曜と祝日。弁当の事前予約もできる。塚本さんは「わが家の味をぜひ食べて」と話している。問い合わせは同店(0155・67・7869)へ。

関連記事

名寄新聞

多彩な具のバーガー&自家焙煎コーヒーが人気【美深】

 道の駅「びふか」では、バーガーとコーヒーが人気を集めている。バーガーの具材はコロッケやメンチカツなど多彩に用意しており、自由に選ぶことが可能。コーヒーは新鮮な豆をひいており、入れたての香りと...

十勝毎日新聞

「ばんば盛り」でばんえい記念盛り上げ 提供飲食店募集【帯広】

 大盛りメニューで“大盛り上げ”を-。ばんえい十勝は、3月21日開催のばんえい最高峰レース「第53回ばんえい記念」(BG1)に合わせ、巨体のばん馬を連想させる大盛りなどのメニューを「ばんば盛り」とし...

十勝毎日新聞

豆まき 十勝産で 芽室の落花生 袋詰め作業【帯広】

 2月2日の「節分」を前に、芽室町産殻付き落花生の袋詰め作業が本格化している。落花生は「十勝グランナッツプロジェクト」のメンバーで、藤井信二さんを中心とする芽室町上伏古地区の農家10軒が生産し...

苫小牧民報

ジンギスカン「あびじん」開発 ロース赤身肉ホエーで熟成

 安平町内の食品加工会社「ジャパンフーズサービス」(早来大町)が、チーズ生産時にできるホエーを使って熟成させた特製赤身肉の新しいジンギスカン「あびじん」を開発した。軟らかさと羊肉本来のうま味や香...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...