北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

幕別の新米 今年も販売 管内スーパーなどで数量限定【十勝】

限定商品の幕別産ななつぼしをPRする食創社員ら。右端は竹森社長

 米卸道内大手の食創(帯広市、竹森直義社長)は、十勝管内で数少ないうるち米生産者が栽培した新米「幕別産ななつぼし」を今年も11日から管内のスーパーなどで数量限定で販売する。竹森社長は「コロナ禍で恒例の体験行事を中止するなどPRが思ったようにできなかったが、食味もよい。ぜひ味わって」と話している。

 同社では2017年から幕別町猿別地区の農家内野康晴さんが栽培する「ななつぼし」を全量買い取り、自社商品として販売してきた。販売だけでなく、昨年までは親子田植え・収穫体験を実施し、米栽培を身近に感じてもらう取り組みも行ってきたが、今年はコロナ禍で中止とした。

 内野さんは今年も93アール分を栽培、食創は学校給食提供分を除く昨年比1.2倍の約5.1トンを仕入れた。竹森社長は「町内でうるち米栽培農家は3軒ほどしかない。畑作中心の十勝でも米が作られていることを地元の人たちに知ってほしい。来年以降も応援販売は続けたい」としている。

 2キロ袋で希望小売価格は1000円(税別)。2500袋限定。藤丸やダイイチ、ハピオ木野などで販売する。

 問い合わせは食創(0155・23・1311)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス