北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

人気の海鮮丼 家庭で 「ありがとうセット」卸売市場【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)は、新型コロナウイルス感染予防で中止した市場まつりに代わる試みとして、同市場買受人組合(黒川義雄組合長、64社)と連携し、目利きした魚介類などを格安でまとめた「海鮮ありがとうセット」を数量限定でネット販売する。市場まつりの人気メニュー「海鮮丼」を自宅で楽しむことができる。11日から予約受け付けを開始した。

「海鮮丼」を自宅で調理できるセットと(右から)藤井取締役、村下栄蔵副組合長、黒川組合長

 市場オリジナル「とかち大樹産・鮭節醤油いくら」、道産ホタテ貝柱、八角一夜干し(広尾)、味付つぶ(大樹)、本別産みそを使ったみそ漬けと日本酒「十勝晴れ」の粕(かす)漬けの時サケ(同)、本マグロ(長崎産)など10品のセット。

 価格は1万2000円(税込み)。今年立ち上げた同市場公式オンラインショップで100セット限定で販売する。道内は送料無料。23日まで予約を受け付け、26日に発送する。

 藤井延哉取締役は「6割が十勝産。地元の人もぜひ味わってほしい。通常より3割はお得」とPRする。

 市場まつりは、同市場が消費者還元として2001年から開催し、1万人以上を集める人気イベント。一時休止を経て18年に再開した際、買受人組合の全面協力を受けて“目玉”として始めたのが海鮮丼で、採算度外視の高級なネタ10種を使い、瞬時に完売する人気商品となっている。

 買受人の業界も取引先のホテル、飲食店などがコロナの影響を受けて厳しい環境にあるが、市場と初めて共同し商品化した。セットの刺し身食材を切ってご飯に載せると海鮮丼ができあがる。

 黒川組合長は「(海鮮丼を)楽しみにしている人は多く、何かしたいと考えた。消費者の反応を見ながら改良を加えて来年度以降も継続し、将来的には組合員各店が取り扱い、売り上げにつながる企画に育てたい」と話している。

 問い合わせは同市場(0155・37・3333)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス