北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

人気の海鮮丼 家庭で 「ありがとうセット」卸売市場【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)は、新型コロナウイルス感染予防で中止した市場まつりに代わる試みとして、同市場買受人組合(黒川義雄組合長、64社)と連携し、目利きした魚介類などを格安でまとめた「海鮮ありがとうセット」を数量限定でネット販売する。市場まつりの人気メニュー「海鮮丼」を自宅で楽しむことができる。11日から予約受け付けを開始した。

「海鮮丼」を自宅で調理できるセットと(右から)藤井取締役、村下栄蔵副組合長、黒川組合長

 市場オリジナル「とかち大樹産・鮭節醤油いくら」、道産ホタテ貝柱、八角一夜干し(広尾)、味付つぶ(大樹)、本別産みそを使ったみそ漬けと日本酒「十勝晴れ」の粕(かす)漬けの時サケ(同)、本マグロ(長崎産)など10品のセット。

 価格は1万2000円(税込み)。今年立ち上げた同市場公式オンラインショップで100セット限定で販売する。道内は送料無料。23日まで予約を受け付け、26日に発送する。

 藤井延哉取締役は「6割が十勝産。地元の人もぜひ味わってほしい。通常より3割はお得」とPRする。

 市場まつりは、同市場が消費者還元として2001年から開催し、1万人以上を集める人気イベント。一時休止を経て18年に再開した際、買受人組合の全面協力を受けて“目玉”として始めたのが海鮮丼で、採算度外視の高級なネタ10種を使い、瞬時に完売する人気商品となっている。

 買受人の業界も取引先のホテル、飲食店などがコロナの影響を受けて厳しい環境にあるが、市場と初めて共同し商品化した。セットの刺し身食材を切ってご飯に載せると海鮮丼ができあがる。

 黒川組合長は「(海鮮丼を)楽しみにしている人は多く、何かしたいと考えた。消費者の反応を見ながら改良を加えて来年度以降も継続し、将来的には組合員各店が取り扱い、売り上げにつながる企画に育てたい」と話している。

 問い合わせは同市場(0155・37・3333)へ。

関連記事

名寄新聞

多彩な具のバーガー&自家焙煎コーヒーが人気【美深】

 道の駅「びふか」では、バーガーとコーヒーが人気を集めている。バーガーの具材はコロッケやメンチカツなど多彩に用意しており、自由に選ぶことが可能。コーヒーは新鮮な豆をひいており、入れたての香りと...

十勝毎日新聞

「ばんば盛り」でばんえい記念盛り上げ 提供飲食店募集【帯広】

 大盛りメニューで“大盛り上げ”を-。ばんえい十勝は、3月21日開催のばんえい最高峰レース「第53回ばんえい記念」(BG1)に合わせ、巨体のばん馬を連想させる大盛りなどのメニューを「ばんば盛り」とし...

十勝毎日新聞

豆まき 十勝産で 芽室の落花生 袋詰め作業【帯広】

 2月2日の「節分」を前に、芽室町産殻付き落花生の袋詰め作業が本格化している。落花生は「十勝グランナッツプロジェクト」のメンバーで、藤井信二さんを中心とする芽室町上伏古地区の農家10軒が生産し...

苫小牧民報

ジンギスカン「あびじん」開発 ロース赤身肉ホエーで熟成

 安平町内の食品加工会社「ジャパンフーズサービス」(早来大町)が、チーズ生産時にできるホエーを使って熟成させた特製赤身肉の新しいジンギスカン「あびじん」を開発した。軟らかさと羊肉本来のうま味や香...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...