北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラーメン「麺屋 伊とう」開業 麺とだし 十勝産【帯広】

 十勝産の食材にこだわったラーメン店「麺屋 伊とう」=帯広市東5南14、伊藤譲代表(43)=が10日、オープンした。釧路市出身の伊藤代表は、故郷北海道での開店を実現させた。だしは新得地鶏と中札内田舎どりなどを使い、麺はアグリシステム(芽室町、伊藤英拓社長)で扱う十勝産小麦を使用。伊藤社長は「十勝産にこだわり、小麦生産者や製麺会社とやりとりして麺を開発するのは珍しい」と話す。伊藤代表は「素材の良さ、生産者の思いをラーメンで伝えたい」と意気込んでいる。

自慢の鶏そば(塩)は「うま味が波のように寄せては返すようにした」と伊藤代表が自信を込める

 伊藤代表は、東京のファッション業界でスタイリストとして働いていた。

 ラーメンの道を志すようになったのは、約15年前から。スタイリストの仕事が休みの日には、関東のラーメン店で修業を重ね、次第にラーメンづくりが生活の中心に。昨年10月まで東京・西新宿の有名ラーメン店「麺屋 翔」で店主を務めた。

 最高の食材を求めて全国の生産者を訪ね、十勝の農家でアルバイトを経験したことも。「翔」では新得地鶏を使ったラーメンを期間限定で提供していた。約4年前に帯広出身の妻と結婚し、十勝での開業は選択肢の一つになった。

 看板メニューの鶏そば(850円)は塩としょうゆの2種。スープは中札内田舎どりをベースに新得地鶏でうま味を引き出した。

 麺は、知り合いを通じて出会ったアグリシステムの伊藤社長が、十勝産にこだわったラーメン作りに共鳴し、丸源保刈製麺(帯広市)と共同で作った。小麦は「ゆめちから」を中心に「はるよこい」「はるきらり」など5種類ほどをブレンドして使用している。伊藤社長は「十勝産小麦をパンに使ってもらう取り組みは続けてきたが、ラーメンに挑戦したのは初めて。生産者とつながるラーメン店に関われて本当によかった」と語る。

 店内はカウンターとテーブルで15席。営業は午前11時~午後2時半、午後5時半~同8時半。月曜定休のほか月に1度火曜休日。年内営業は30日まで。駐車スペースは5台。

 問い合わせは同店(0155・66・6680)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス