北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

出来たての味、家庭でも ラーメン店「味の大王」冷凍麺を開発

冷凍麺を使ったカレーラーメンを手に「自宅で熱いラーメンを味わってほしい」と話す味の大王の中江さん

 苫小牧市植苗のラーメン店、味の大王(高橋浩一社長)が電子レンジ用の冷凍麺を開発し、今月から飲食配達サービスを通じたカレーラーメンの宅配サービスをスタートした。開発に関わった中江友紀常務(37)は「出来たてのような熱いラーメンを家でも食べてほしい」と話している。

 冷凍麺の開発を始めたのは胆振管内で新型コロナウイルスの感染が広がった3月。客足が徐々に落ち込み、一時は出前やドライブスルー方式で提供することも考えたが、人員確保やコスト面のハードルが高く断念。ラーメン店の原点である「熱いまま提供したい」との思いに立ち、札幌市内の製麺業者の協力の下、研究開発を進めたという。

 麺に使う小麦は道産にこだわり、業者と繰り返し調整。電子レンジによる加熱を基本に試食と改良を重ねた。電子レンジの性能で異なる温め時間も細かく研究し、もちもちした食感を再現することに成功したという。

 味は、カレー、みそ、みそカレーの3種類で、価格は各650円(税込み)。市内の飲食配達サービス「リアッタイーツ」を通じて届ける。同サービスは3000円以上の注文が必要なため、チャーハンやギョーザを付けた2人前セット(3500円)と4人前セット(5000円)を用意した。なお、ドライバーへの謝礼500円は別料金としている。

 「コロナが流行したまま冬が来たが、熱いラーメンを食べて心も体も温めてほしい」と中江常務。また、「大変なのはどの店も一緒。共に助け合いたい」としており、冷凍麺を使いたい市内のラーメン店があれば相談に応じる考えだ。

 麺に関する問い合わせは味の大王総本店の中江さん 電話0144(58)3333。

関連記事

名寄新聞

多彩な具のバーガー&自家焙煎コーヒーが人気【美深】

 道の駅「びふか」では、バーガーとコーヒーが人気を集めている。バーガーの具材はコロッケやメンチカツなど多彩に用意しており、自由に選ぶことが可能。コーヒーは新鮮な豆をひいており、入れたての香りと...

十勝毎日新聞

「ばんば盛り」でばんえい記念盛り上げ 提供飲食店募集【帯広】

 大盛りメニューで“大盛り上げ”を-。ばんえい十勝は、3月21日開催のばんえい最高峰レース「第53回ばんえい記念」(BG1)に合わせ、巨体のばん馬を連想させる大盛りなどのメニューを「ばんば盛り」とし...

十勝毎日新聞

豆まき 十勝産で 芽室の落花生 袋詰め作業【帯広】

 2月2日の「節分」を前に、芽室町産殻付き落花生の袋詰め作業が本格化している。落花生は「十勝グランナッツプロジェクト」のメンバーで、藤井信二さんを中心とする芽室町上伏古地区の農家10軒が生産し...

苫小牧民報

ジンギスカン「あびじん」開発 ロース赤身肉ホエーで熟成

 安平町内の食品加工会社「ジャパンフーズサービス」(早来大町)が、チーズ生産時にできるホエーを使って熟成させた特製赤身肉の新しいジンギスカン「あびじん」を開発した。軟らかさと羊肉本来のうま味や香...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...