北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

出来たての味、家庭でも ラーメン店「味の大王」冷凍麺を開発

冷凍麺を使ったカレーラーメンを手に「自宅で熱いラーメンを味わってほしい」と話す味の大王の中江さん

 苫小牧市植苗のラーメン店、味の大王(高橋浩一社長)が電子レンジ用の冷凍麺を開発し、今月から飲食配達サービスを通じたカレーラーメンの宅配サービスをスタートした。開発に関わった中江友紀常務(37)は「出来たてのような熱いラーメンを家でも食べてほしい」と話している。

 冷凍麺の開発を始めたのは胆振管内で新型コロナウイルスの感染が広がった3月。客足が徐々に落ち込み、一時は出前やドライブスルー方式で提供することも考えたが、人員確保やコスト面のハードルが高く断念。ラーメン店の原点である「熱いまま提供したい」との思いに立ち、札幌市内の製麺業者の協力の下、研究開発を進めたという。

 麺に使う小麦は道産にこだわり、業者と繰り返し調整。電子レンジによる加熱を基本に試食と改良を重ねた。電子レンジの性能で異なる温め時間も細かく研究し、もちもちした食感を再現することに成功したという。

 味は、カレー、みそ、みそカレーの3種類で、価格は各650円(税込み)。市内の飲食配達サービス「リアッタイーツ」を通じて届ける。同サービスは3000円以上の注文が必要なため、チャーハンやギョーザを付けた2人前セット(3500円)と4人前セット(5000円)を用意した。なお、ドライバーへの謝礼500円は別料金としている。

 「コロナが流行したまま冬が来たが、熱いラーメンを食べて心も体も温めてほしい」と中江常務。また、「大変なのはどの店も一緒。共に助け合いたい」としており、冷凍麺を使いたい市内のラーメン店があれば相談に応じる考えだ。

 麺に関する問い合わせは味の大王総本店の中江さん 電話0144(58)3333。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス