北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ワカサギ釣り解禁 1時間で十数匹 ホロカヤントー【大樹】

ワカサギを釣り上げて喜ぶ来場者

 大樹町晩成の沼「ホロカヤントー」で29日、ワカサギ釣りが解禁された。昨季より7日早い解禁で、来場者は結氷した沼に糸を垂らし、早速、釣りを楽しんだ。来年2月末ごろまでの予定。

 この日は午前8時までに、管内各地から25人ほどが来場。氷上に色とりどりのテントが並んだ。帯広市から家族や職場の同僚と訪れた品川知美さん(31)は「10年ぶりぐらいのワカサギ釣りで楽しい。釣った魚は天ぷらにして食べます」と話し、父の雅裕さん(59)と2人で1時間で十数匹を釣り上げていた。

 時間は午前5時~午後4時で、年末年始も入場できる。天候不良時は営業しない。遊漁料は中学生以上700円、小学生300円。問い合わせはホロカヤントー管理棟(01558・7・8866)へ。

関連記事

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】天候が悪い日が続いているが、船が出れば五目釣りが楽しめる。  【阿寒湖】ワカサギが、多い人で300匹程度釣れている。  【塘路湖】ワカサギが、多い人で100匹程度釣れている。 ...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(1月24日ごろ)

■網走湖呼人地区 ▽ワカサギ 300~700匹 ■苫小牧、白老沖 ▽サクラマス 1~3キロ、5匹~定数(10匹) ■阿寒湖 ▽ワカサギ 100匹超える人も。場所によってむらがある

苫小牧民報

太公望お待ちかね 錦大沼でワカサギ釣り解禁

 苫小牧市樽前の錦大沼で22日、今季のワカサギ釣りが解禁された。午前7時の開放時間に合わせて釣り愛好家らが続々と訪れ、同8時すぎには40人以上に。それぞれ氷に穴を開けて寒さを物ともせず釣りを楽し...

苫小牧民報

沖のサクラマス 序盤好調

苫小牧~白老沖 サクラマス 水深110メートル前後、棚は15~30メートル。僚船の中には船内定数釣りも。ピンコは割と少ない 白老港 チカ 15~18センチが50~60匹。サビキ皮付き5号に...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(1月17日ごろ)

■苫小牧、白老沖 ▽サクラマス 1人で5~10匹。1~3キロ ■大津沖 ▽サクラマス 1~2.5キロ、しけのため釣果わからず