北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

マルケイ食堂8日閉店 市民に愛され半世紀超

開店前の仕込みに精を出す宮武雄一さん(左)と妻のしづ江さん=5日午前10時半ごろ

 苫小牧市旭町で52年にわたって市民に愛されてきたマルケイ食堂が8日、閉店する。店主の宮武雄一さん(78)は、妻のしづ江さん(74)が昨秋に熱中症で倒れ、10日ほど一人で店を切り盛りした際に「体力の限界を感じた」と話す。当初は昨年末に閉店する予定だったが、常連客らから別れを惜しむ声が上がり、年明けまでの延長を決めた。なじみの味を最後まで提供するつもりだ。

 食堂は1969年4月23日に創業。雄一さんは当時、横浜市で乳製品の営業職に就いていたが、苫小牧東部工業地域の開発を知り、将来性を考えて移住を決意。料理好きだったことから食堂を開くことにした。

 当時の旭町は職業安定所や保健所、消防署、警察署、税務署など官公庁がひしめく一帯で、利用者や職員らがよく食べに来てくれたという。しづ江さんは「開店当時から恵まれていた。一日に250食出したこともあった」と振り返る。

 創業から約5年後、駅前の繁華街にあった小料理店「白鶴」が閉店。その主人から教わったレシピがヒントのカレーは、ラーメンのだしを使い、たっぷり入った玉ネギの甘みとすっきりとした辛さが特長。その上に分厚くジューシーなトンカツが乗ったカツカレーは大人気で、75年ごろから定番メニューになった。2013年8月にテレビのバラエティー番組で紹介されたときは、道内外から多くの客が押し寄せたという。

 新型コロナウイルスが流行した昨年は客が急激に落ち込み、悩んだこともあったが「浮き沈みは世の常。振り返れば人に恵まれ、支えられた半世紀だった」と雄一さん。客の喜ぶ顔が店を続ける原動力だったといい「営業は残りわずかだが、できるだけ多くの人に自慢のメニューを味わってもらいたい」と目を細める。

 営業時間は午前10時半~午後1時半。売り切れ次第終了。出前はしない。問い合わせは同店 電話0144(34)3452。

関連記事

十勝毎日新聞

寒晒し そばに風味 仕込み作業進む【新得】

 新得物産(合田一昭社長)の直営店「新得そばの館」(新得町基線104)で、「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業が進んでいる。23日から3月31日まで同店で、1日20食限定で提供する。  寒...

十勝毎日新聞

ごみ置き場 路上新設防止へ 市が設置要綱制定【帯広】

 帯広市は、ごみ出し時の市民の安全確保と円滑な収集作業のため、「ごみステーション」の設置基準を明記した要綱を新たに制定した。特に歩道や樹林帯を含め道路用地を占有している固定式ごみボックスは、交通事...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス