北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

神秘的な絶景を楽しむ・森の生活「ムーンウオーク」【下川】

昨年のムーンウオークの様子

 満月に照らされた積雪の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も積雪シーズンの満月の日に五味温泉に隣接するエコハウス「美桑」前に集合、体験の森で開かれる。

 今年は28日、2月27日、3月28日に開催。時間は午後7時から同8時45分までを予定しているが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、状況によって中止する場合もある。

 参加者はスノーシュー(西洋カンジキ)を履いて、積雪の森を散歩するが、森と雪と月明かりが織り成す神秘的な「月夜の絶景」が好評だ。

 参加費は1000円、スノーシュー持参の場合は300円引き。4歳以上小学生以下は600円、3歳以下は無料。防寒着、防寒靴(長靴)などを着用して参加するとよい。各回の定員は15人。感染症対策のため、マスク着用を呼び掛けている。

 森の生活スタッフは「夜の森を月明かりだけを頼りに歩く。澄んだ空気の中で月に照らされた道を歩くと、不思議な世界に迷い込んだ気分になる。歩いた後、隣接する温泉で入浴すれば、心も身体もリフレッシュ。ぜひ参加ください」と話す。

 参加は事前予約が必要となっており、問い合わせは森の生活(電話01655―4―2606、メールアドレスinfo@morinoseikatsu.org)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

しばれ歓迎 イグルー着々 然別湖「コタン」30日開幕【鹿追】

 鹿追町の然別湖に雪と氷でつくった建物「イグルー」が並ぶ「しかりべつ湖コタン」。30日の開幕を目指し、準備が急ピッチで進んでいる。20日は二十四節気の一つで、寒さが最も厳しい時期とされる「大寒...

十勝毎日新聞

地元の食ずらり 道の商品券使用も 藤丸で大収穫市【帯広】

 「とかち大収穫市うまいもんまつり」が12日午前、藤丸7階催事場で始まった。道が発行する「プレミアム付どさんこ商品券」が十勝管内で使える初の機会とあって、多くの人が訪れた。17日まで。  藤...

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス