北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳空港、人影まばら静かな3連休 緊急宣言再発令、テナントは悲鳴

3連休最終日も人影が少なかった新千歳空港の国内線ビル

 首都圏の1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に緊急事態宣言が再発令され、初の3連休となった9~11日、北海道の玄関口・新千歳空港の国内線ビルは閑散としていた。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、利用者からは宣言に理解を示す声が目立ったが、テナント関係者は客足減に悲鳴を上げる。

 11日の空港ビル内には、キャリーケースや土産袋を手にする人たちの姿もあったが連休最終日とは思えない人影の少なさ。出発口にも行列ができないなど、コロナ禍の影響が浮き彫りとなった。

 年末年始を東京都の実家で過ごした札幌市厚別区の会社員男性(39)は「都内のデパートは人が多かった。自分は感染対策を徹底し、友人とも会っていない」と強調。滞在中に出た緊急事態宣言に「感染が怖い。しばらくは東京に行かないだろう」と語った。

 一方、成人式のため愛知県美浜町の実家で過ごし、帰道したという札幌市清田区の会社員男性(20)は「故郷は田舎。感染者が少ないので、気にしていない」と淡々としていた。

 本州方面に向かう人たちは軒並み、感染への不安を口にした。今春、大学に進学する長女のアパート探しのため、岐阜市を訪れる千歳市のパート従業員女性(45)は「同市内でも感染者が増えており、心配だが仕方がない。外出は必要最低限にする」と言葉少な。年末年始を札幌市の実家で過ごして帰るという東京都の男子大学生(21)は「東京では同じマンションの別の階に祖母が住んでおり、(自分が感染し)うつしてしまわないか不安」と心配。緊急事態宣言再発令には一定の理解を示しつつ、「大学は今、オンライン授業で通学していない。就職に影響するかも」と不安そうな表情を浮かべた。

 新千歳空港国内線発着便の約半数は羽田線。国際線の発着便ゼロに加え、関東圏との人の往来も鈍り、空港ビル内はますます静かになった。子どもと映画鑑賞に訪れた恵庭市の公務員井関貫策さん(43)は「ビル内にはほとんど人がおらず、どこもすかすか。年末も同じで普段は手に入りにくいお土産がたくさん残っていた」と驚く。

 ビル内の飲食店に勤める50代男性は「羽田線の利用者が減ると、空港内は一気に寂しくなる」とため息。別の飲食店関係者も「連休とは思えない客足。今年度の売り上げは前年度の半分以下になる」と肩を落とした。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス