北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

北高ブレイクダンス部初陣3位 東日本大会【帯広】

 創部2年目の帯広北高校ブレイクダンス部の3年生が、ダンスの甲子園とされる「第13回日本高校ダンス部選手権」東日本大会に初出場し、3位に入った。高校からダンスを始めた生徒たちの健闘を指導者は「想像以上」とたたえる。メンバーは卒業後も競技を続け、「地元の子どもたちにも面白さを伝えたい」と意気込んでいる。

初の全国規模の大会で3位に入った帯広北高ブレイクダンス部。手前は石井さん、後列は左から高橋さん、片山教諭、渡辺さん

 同部は2018年に4人の同好会としてスタートし、翌年、正式に部として認められた。地域のイベントに出演し、興味を持った新入生が入部して、今では11人に部員が増えた。

 日本高校ダンス部選手権は東西に分かれ、昨年12月末に東京であった東日本大会は、事務局に選出された首都圏や東北地方の62チームが参加。3人1チームで交互に演技を披露する形式で、トーナメント戦が行われた。ブレイクダンスやヒップホップなどオールジャンルで、DJの曲に合わせて即興で踊り、ダンス技術や適応力を競った。

 帯広北高から出場したのは、いずれも3年の高橋咲弥さん(17)、渡辺大輔さん(18)、石井真帝(さなと)さん(17)。中学時代は帰宅部だったという渡辺さんは「側転もできなかった」と振り返るが、練習すればするほど上達する面白さにのめり込み、今では難易度の高い技を難なくこなすようになった。

 ダンス歴10年以上の部員も出場する中での、今回の3位。「ブレイクダンスはダイナミックな動きなので、他のダンスと比べて曲に合わせた細かな動きが難しい。ジャンルも異なるプロダンサーから審査され、勝てたことは自信につながる」と顧問の片山奨久教諭。3人は「優勝を狙っていた」と悔しがるが、いずれも高校卒業後、ダンスを続けて後輩に夢を託す。

 高橋さんと渡辺さんは、片山教諭が今年立ち上げた子ども向けの教室「帯広ブレイキンスポーツクラブ」のインストラクターになる予定。石井さんは札幌の大学に進学し、ダンス部に所属する。3人は「ブレイクダンスの楽しさ、格好良さを多くの人に伝えていきたい」と話している。

 同クラブの問い合わせはインスタグラム公式アカウント(obihiro_breakin_sport)、片山教諭(070・2424・0803)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス