北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

胆振五大遺産知って、長大なポスターバス車内に掲示 振興局、3月末まで展開【室蘭】

いぶり五大遺産をPRするバックステッカー

路線バスの広告スペースに掲示されたいぶり五大遺産のポスター

 バス広告で「北海道いぶり五大遺産」PR。胆振総合振興局(花岡祐志局長)は12日、地域住民が利用する道南バス(長谷川義郎代表取締役社長)とあつまバス(三上功代表取締役)の車内広告を活用して世界的にも価値のある「洞爺湖有珠山ジオパーク」「アイヌ文化」「縄文遺跡群」「むかわ竜」「炭鉄港」の五つの地域資源を紹介するポスター展を開催した。3月31日までの期間、内容を入れ替えながら利用者にアピールする。

 バス車体右側の広告スペース10枚分を使って全長5メートル以上の巨大なポスターとして掲示。道南バスでは5台分、あつまバスは1台分を使用。内容は約2週間で変更する。このほか車体後部のバックステッカーでも「いぶり五大遺産」を紹介する。

 室蘭市東町の道南バス本社で行われたお披露目式には花岡局長と長谷川社長が出席。花岡局長は「地域の公共交通機関を利用する地元の方々に五大遺産を知ってもらう機会になり、その先の国内外への発信のきっかけになれば」と期待を込めた。長谷川社長は「いぶり五大遺産の取り組みを地域の人に知っていただくよい機会。地元企業としても、この地域に素晴らしい観光資源があることをPRし、より多くの人に知ってもらいたい」と意気込んだ。

 同局では、今後も冊子作製や修学旅行誘致などさまざまな形で「いぶり五大遺産」のPRに取り組む考えだ。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス