北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

絶滅危惧種のチュウヒ 勇払原野周辺に20組生息-日本野鳥の会

勇払原野を飛ぶチュウヒ(日本野鳥の会提供)

 日本野鳥の会がまとめた猛禽(もうきん)類チュウヒの全国個体数調査結果によると、全国で136組のつがいを確認し、このうち20組が苫小牧市内の勇払原野周辺にいることが分かった。チュウヒは環境省のレッドリストで絶滅危惧種ⅠB類に指定され、個体数の減少が懸念されている。同会は苫小牧が国内有数の繁殖地であるとし「勇払原野に貴重なチュウヒがいることを多くの人に知ってもらいたい」としている。

 調査は2018年から20年の毎年5~8月に実施。繁殖に適した国内複数の場所で営巣状況などを調べた。その結果、全国で136組のつがいを確認した。このうち117組が道内で、サロベツ原野周辺58組、勇払原野周辺20組、石狩川流域15組、釧路・根室地方11組など。本州は青森と秋田が各4組、石川で7組、茨城、愛知、三重、福岡で各1組となっている。

 本州では10年ごろまで40~50組の繁殖が確認されていたが、現在は半分以下の19組。15年の調査では全国で160~170組がいたとされる。道内は10年ごろまで釧路・根室地方に18組いたが減少している。道内は大きな繁殖地だが、開発行為などで餌を捕獲できる草原が減ったことが影響している。

 同会は道内に繁殖環境が残っていることを挙げるが、厚真町内で計画中の風力発電事業による将来的な影響を懸念する。

 チュウヒは国内で唯一、湿原で繁殖するタカ科の鳥類。春から夏に北海道と本州以南の一部の湿原や草原で繁殖し、11月から翌3月ごろまで本州以南で過ごす。近年は開発や湿地の乾燥化で営巣環境が悪化している。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス