北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ネバ勝ち今春発売へ ネット予約受け付け 産学連携【函館】

 サプリメントの企画販売会社「ゴーゴーゴー」(茨城県つくば市、齋藤優太社長)と北大、北海道マリンイノベーション(函館、布村重樹社長)は、函館産の北大ガゴメ(ガゴメコンブ)を使ったサプリ「ネバ勝ち!」を開発した。北大ガゴメは免疫力を高める効果があるとされ、同社のインターネットショップで商品の予約を受け付けており、今年4月ごろ発売を予定している。

 北大ガゴメは、函館の前浜で栽培され、粘り成分のフコイダンを通常のガゴメの2倍以上も含む。健康や美容に良いとされ、成分を生かした健康補助食品などの開発が進んでいる。

 齋藤社長は函館高専の出身で、海藻由来のサプリを開発したいと考え、北大ガゴメを活用していきたい北大、マリンイノベ社との思いが一致した。

 新商品はガゴメが主成分で、亜鉛やビタミンなど免疫力を高める作用がある成分が豊富。北大のブランド認定を取得し、安心・安全は折り紙付きだ。適正製造基準を満たしたGMP認証取得工場で生産している。1袋45グラム入り(500ミリグラム×90粒)で、1日3粒が目安という。価格は定期購入の場合、初回が1980円、2回目以降が3980円。通常は5980円(いずれも税込み)。

 齋藤社長は「今回の北大を足掛かりに他大学とも連携し、地元の名産品を商品化したい」と意気込む。北大の産学・地域協働推進機構(札幌)は「これまで北大の認定商品は店舗販売が中心。D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー=消費者と直接取引する販売方法)という新たなマーケットでの展開に期待したい」とし、布村社長は「産学連携で海藻に新たな可能性を見いだし、地域活性化につなげたい」と張り切っている。

 免疫力が低下すると、風邪などウイルス・感染症にかかりやすくなるため、フコイダンを摂取できる商品は注目されそうだ。

 予約は商品サイト(https://gotouchisapuri.com)から

ネバ勝ち!を紹介するマリンイノベ社の布村社長

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス