北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

人工授精の卵の中で育つ小魚とふ化直後の稚魚(全長1.35ミリ)=登別マリンパークニクス提供

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別マリンパークは「謎の部分が多い深海魚の研究の進展につながる」と期待する。

 登別マリンパークによると、昨年、登別沖の漁で混獲されたサケビクニンの雌1匹と雄2匹を使い、人工授精による繁殖に挑戦。同年9月、超音波(エコー)検査機器で判別した雄と雌に性腺刺激のホルモン剤を注射した後、卵と精子を取り出して人工授精を実施。同年12月28日にふ化に成功した。ふ化後の稚魚の大きさは全長1・35ミリで現在、施設内の予備水槽で育てている。

 サケビクニンはクサウオ科の深海魚で、成熟すると全長30センチほどになる。茨城県以北の太平洋やオホーツク海などの水深100~600メートル付近に生息。深海魚という特性上、研究がほとんど進んでいない種だ。

 登別マリンパークは、登別沖のエビ籠漁などで混獲され、地元漁業者から提供されたサケビクニンの通年飼育と展示を行っている。1997年には水槽内自然繁殖に成功し、公益社団法人日本動物園水族館協会(東京都)から「繁殖賞」を受賞している。

 人工授精で同種を繁殖させたのは前例がなく、吉中敦史学芸員は「生殖腺エコー検査を活用した雄雌の判別や卵の成熟具合の把握などで人工授精のタイミングを的確に選定し、作業の効率を高めたことが世界で初めての成功につながった」と話す。今回の繁殖技術の確立は、「深海魚全般の研究の進展や、絶滅が心配される種の保存に生かすことができる」とし、応用の広がりに期待する。

 登別マリンパーク飼育課は、人工授精で生まれた稚魚の観察を続け、「将来的に展示も考えていきたい」としている。

研究がほとんど進んでいない深海魚サケビクニン=同

関連記事

十勝毎日新聞

搾乳ロボ導入 十勝117戸 全道382戸【十勝】

 道農政部は、道内での搾乳ロボットの導入状況などをまとめた「新搾乳システムの普及状況」を公表した。搾乳ロボを導入している農家は前年から83戸増えて382戸、うち十勝は31%に当たる117戸と地区別...

十勝毎日新聞

FDAがチャーター便 GWに「中部」結ぶ計画【帯広】

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が、今年のゴールデンウイーク(GW)に、とかち帯広空港と中部国際空港(愛知)を結ぶチャーター便の運航を計画していることが分かった。日程や便数などの詳...

十勝毎日新聞

青空へ ナイスショット 札内川ゴルフ場練習場が開業【幕別】

 幕別町の札内川ゴルフ場の練習場(札内稔町57)が6日午前9時、オープンした。大雪の影響を受けた昨年より8日早い。シーズン開始を前に、愛好家らが快音を響かせた。  同練習場を運営する幕別町地...

釧路新聞

高田さん「R―1グランプリ」決勝へ【別海】

 町出身のお笑い芸人、高田ぽる子(本名・高田侑(ゆう)奈(な))さん(22)が、ひとり芸の日本一を決める「R―1グランプリ2021」の決勝にする。芸歴2年ながら初のファイナリストに残り、「いまだに...

日高報知新聞

移住増のインド人へインド製品届けたい ビシュヌ・ギリさんが移動販売車で【..

 ネパール人の実業家、ビシュヌ・ギリさん(38)=苫小牧市在住=は、日高管内の軽種馬牧場などで働く人たちが増加しているインド人を対象に、スーパーなどで販売していないインド製の食材を中心にした移動販...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス