北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

しばれ歓迎 イグルー着々 然別湖「コタン」30日開幕【鹿追】

凍らせたブロックの間にシャーベット状の雪を詰めてイグルーを造るスタッフ

 鹿追町の然別湖に雪と氷でつくった建物「イグルー」が並ぶ「しかりべつ湖コタン」。30日の開幕を目指し、準備が急ピッチで進んでいる。20日は二十四節気の一つで、寒さが最も厳しい時期とされる「大寒」。湖上に時折強い風が吹く中、約20人のスタッフがイグルー造りに取り組んでいた。

 コタンは今年で40回目を迎える冬の風物詩。雪と湖の水を凍らせたブロックを積み上げ、ホールやアイスバーや露天風呂、宿泊できるロッジなどをつくる。準備は昨年12月中旬に開始。ブロックの間にシャーベット状の雪を詰めて固め、透明度の高い湖の氷で建物内を装飾していく。

 今年は新型コロナの影響で、ボランティアの外国人らが参加できず、スタッフは例年の3分の2に。来場客の人数制限や密にならない動線づくりに苦心した。

 現場責任者を務める斎藤慎吾村長(48)は「コロナ禍でも自然は変わらない。然別湖の氷や雪の美しさを感じて、心休まるひとときを過ごしてほしい」と話していた。

 20日の十勝地方は、晴れて地表の熱が上空に奪われる放射冷却の影響で、朝の最低気温は大樹で氷点下25.1度、幕別町糠内で同24.6度などを記録。帯広は同17.6度だった。

関連記事

十勝毎日新聞

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会【幕別】

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

十勝毎日新聞

3000個の幻想「氷灯夜」【芽室】

 芽室町の冬の風物詩「氷灯夜2021」(同町観光物産協会主催)が6日夜、町内の芽室公園で開かれた。3000個を超すアイスキャンドルの火が会場を照らし、訪れた家族連れらは幻想的な空間を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

“藤の花”揺れた氷まつり 最終日にぎわう【帯広】

 「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は31日、最終日を迎えた。天候にも恵まれ、メイン会場の「夢の北広場」(JR帯広駅北側)には、午前中から多くの家族連れが訪れ、氷雪像前...

十勝毎日新聞

滝川市の山本さん氷彫刻最高賞 氷まつり【帯広】

 第58回おびひろ氷まつりの「第37回北海道氷彫刻展冬季帯広大会」(帯広のまつり推進委主催)で、最高位の北海道知事賞に、「ログホテル メープルロッジ」(岩見沢市)の料理長山本剛史さん(37)=...

名寄新聞

月明かりに照らされ・ムーンウオーク開幕【下川】

 満月に照らされた積雪の夜の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も28日から始まり、五味温泉隣接のエコハウス「美桑」前集合、体験の森で開かれている。  各...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス