北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

FMとまこまい実行委、テスト番組を制作 年内の開局目指す

テスト番組の収録に臨むMCもみーさん(左)とゲストの吉井住職

 苫小牧でコミュニティーFMラジオ局の年内開局を目指す「FMとまこまい実行委員会」(伊勢恭伸委員長)は、開局準備の一環としてテスト番組の制作に取り組んでいる。番組はインターネット上で公開しており、これまでに音楽やゲストを招いて生活に役立つ情報を盛り込んだ番組を30回以上にわたって配信。今春には公共の場で公開によるサテライト収録も構想している。

 同実行委は苫小牧青年会議所(JC)の活動をきっかけに、ラジオ番組を通じて人と人との新たなつながりを生み、住みよいまちづくりを進めようと2019年12月に発足した。災害時には正しい情報をいち早く届ける役目を担うことも目指し、メンバーは現在23人。一部メンバーと関心を示した市民など約10人がパーソナリティーを務めている。

 実際に放送を開始するまでの準備と、取り組みを広く市民に知ってもらうため昨年6月、苫小牧市錦町の事務所を拠点にテスト番組の制作に着手。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開することとし、初回は同月、実行委制作担当の二瓶竜紀さん(44)が手掛けた、約12分間の音楽番組を配信した。

 以降、各パーソナリティーが活動への思いを語る番組や、ゲストを交えてのマージャンや読み聞かせの情報、おいしい飲み物の作り方など10~20分間の番組を週1回ペースで配信。今年に入ってからは、MCもみー(本名・太田幸子)さんが市内高砂町の正光寺の吉井直道住職とコロナ禍における心の在り方について対談した番組も配信している。

 同実行委は今後もテスト番組の配信を継続し、春以降、より多くの人に知ってもらえるよう市民が行き交う公共の場で月1回程度の公開収録も計画中だ。アンテナ設置や放送局免許の取得に必要な手続き、法人設立など各方面での準備も進め、年内の開局を目指す。

 日本コミュニティ放送協会(事務局・東京)によると、道内には22局のコミュニティーFM放送局が加盟。二瓶さんは「いろんな人の力を結集し、まちの財産になるようなメディアを目指す」と話している。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス