北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

漫画「銀の匙」全国の小中へ 帯広農高卒業の浅野さん【釧路】

 漫画を通じて農業に関心を持って-。帯広農業高校の卒業生で釧路市で酪農を営む浅野達彦さん(33)が、全国の小・中学校に、荒川弘さん(幕別町出身)が描く漫画「銀の匙(さじ)Silver Spoon」と「百姓貴族」を贈る活動を続けている。22日には帯広市の酪農家辻正和さん(33)の協力も得て、大正小など市内2校にも寄贈した。浅野さんは「十勝の学校には今年中に寄贈したい」と意気込んでいる。

帯広大正小に漫画を贈った浅野さん(右奥)。右手前は辻さん

 浅野さんは釧路市出身。親の仕事の関係で8歳から帯広に住み、若葉小、第八中、帯広農業高を卒業。北大を卒業後に釧路で就農した。動画配信サイト・ユーチューブを通じた技術発信も積極的に取り組む。

 漫画の寄贈を始めたのは昨年夏。青年部活動などを通じて農業を学ぶ学生と接する中、「銀の匙」(帯広農業高をモデルにした酪農青春グラフィティ)を読んで農業を志す若者が多いと知ったことがきっかけ。「人手不足と言われる中、子どもたちに酪農という選択肢を持ってほしい」と活動をスタートさせた。

 贈るのは「銀の匙」1~15巻と「百姓貴族」1~6巻で、1セット当たり1万2000円ほど資金が必要になる。そこで浅野さんは昨年秋、インターネット上で個人から支援を募るクラウドファンディング(CF)を実施。目標金額50万円のところ、約1カ月で116人から70万円が集まった。支援も受け、昨年末までに釧路市の小・中学校全44校への寄贈を終えた。

 浅野さんは「今年は道内の学校をできるだけ回りたい」とし、特に十勝の小・中学校は今年中に寄贈を行う計画を立てている。この活動に、高校時代の同級生で帯広市幸福町で酪農を営む辻さんも賛同。22日には辻さんの母校の大正小と第七中を訪れ、漫画を寄贈した。

 大正小では、代表して図書委員長(6年)と同副委員長(5年)に手渡された。同校では学校図書室前の本棚に置く予定で、和田尚史校長は「本校の特色ある教育活動の食育を進める上でも、(子どもたちには)作品を読んでイメージを膨らませてほしい」と感謝した。

 浅野さんは2~3月にも、十勝の小・中学校に漫画を寄贈するためのCFを計画している。全国には約3万の小・中学校があり、浅野さんは「関わってくれる人をどんどん増やし、スピードを上げたい」、辻さんも「できる範囲で協力を続けたい」とする。すでに道南のJA青年部でも寄贈の取り組みが行われるなど、協力の輪が徐々に広がっている。

関連記事

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...

室蘭民報

港北地区と協定締結、災害時に1次避難所設置 市が自主防災下支え【室蘭】

 室蘭市と港北地区にある同地区連合町会自主防災会(須田貞文会長)、港北町会(同)、柏木町会(佐藤貢会長)、蘭北小学校(村山修平校長)、港北中学校(笹森恭之校長)の6者は25日、災害発生時における...