北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

多彩な具のバーガー&自家焙煎コーヒーが人気【美深】

好評を得ている「自家焙煎珈琲&美深バーガー」

 道の駅「びふか」では、バーガーとコーヒーが人気を集めている。バーガーの具材はコロッケやメンチカツなど多彩に用意しており、自由に選ぶことが可能。コーヒーは新鮮な豆をひいており、入れたての香りとコクのある味を楽しむことができる。

 道の駅を運営する株式会社アウルでは、昨年12月下旬から店内に「自家焙煎珈琲&美深バーガー」のコーナーを設けている。コーヒーは、音威子府村内で自家焙煎のコーヒー店「音威子府珈琲」をはじめ、ゲストハウスやスナックを経営している門田達也さんの協力があって実現した。高品質で新鮮な豆を仕入れ、ひいているもので、コーヒーの注文を受けてから、入れており、香りが高く、コクのある味わいを楽しめる。

 バーガーは、さまざまな具材を用意。単独で販売しているテイクアウト商品で人気が高いコロッケをはじめ、メンチカツ、エビカツ、チキンなどを具にすることができ、好みのバーガーを作ることができる。

 トッピングには無加温ハウスで栽培された美深町産の野菜を使用。バンズ(パン)も美深産小麦を使っている。

 価格は、コーヒーが350円(バーガーとセットの場合50円引き)。バーガーの具はコロッケの120円から。180円を追加することでバーガーにすることができる。

 また、バーガーとコーヒーのセット販売もあり、昼食などとして腹ごしらえで訪れる人たちの好評を得ている。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス