北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コロナの冬もぬくもりとよろこびを 氷まつり 29日開幕【帯広】

夢の北広場で制作が大詰めを迎えている氷の彫刻。作品は村上さんの「旅立ち」

 帯広三大祭りの一つ「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が29日、JR帯広駅北側の「夢の北広場」など3会場で開幕する。氷彫刻の制作は大詰めを迎え、バイクや天使、エンゼルフィッシュといった作品の輪郭が浮かび上がっている。

 同広場で開かれる氷彫刻展の作品制作期間は27日午後5時から29日午前9時までの40時間で、地元十勝や札幌から9組が参加。「旅立ち~道東ソロツーリング~」と題した作品作りに取り組む村上俊二さん(京王プラザホテル札幌)は、さっぽろ雪まつりが中止となったため、初参加したという。オートバイで旅行中の女性が、街灯で羽を休めるシマエナガに見とれている姿を表現する。村上さんは「出来は順調。道東の人たちに喜んでもらえる作品に仕上げたい」と話す。

 同会場には、陸上自衛隊による氷のレリーフをはじめ、藤棚のイルミネーションやアイスキャンドルなどが並ぶ。期間中は道順に従って鑑賞し、夜はライトアップされる。広小路には4基の氷彫刻が完成したほか、藤丸前ふれあい広場にもPR像が設置された。

 同推進委の秋庭肇次長は「コロナ禍で閉塞(へいそく)感が漂う中、外で新鮮な空気を吸い、冬ならではの美しい作品を見て心を癒やしてもらえれば」と話している。

 31日まで。午前10時~午後8時。問い合わせは同推進委(0155・22・8600)へ。

氷雪像など撮影し投稿を HPで作品展イベント中止の代替

 おびひろ氷まつりを主催する帯広のまつり推進委員会は、氷雪像などの作品を募る「写真で楽しむ作品展」を公式ホームページ(HP)で公開している。

 新型コロナウイルス対策でアトラクションやイベントなどが中止になった代わりとして企画。外出を控えている人でも祭りを楽しめるよう、雪だるまやアイスキャンドルなどの「氷雪像」と、「氷のお面」の2部門で作品写真の投稿を呼び掛けている。

 募集期間は2月14日まで。HP(https://obihiro-icefes.com/artwork)から投稿でき、同月下旬に入選作が発表される。

関連記事

十勝毎日新聞

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会【幕別】

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

十勝毎日新聞

3000個の幻想「氷灯夜」【芽室】

 芽室町の冬の風物詩「氷灯夜2021」(同町観光物産協会主催)が6日夜、町内の芽室公園で開かれた。3000個を超すアイスキャンドルの火が会場を照らし、訪れた家族連れらは幻想的な空間を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

“藤の花”揺れた氷まつり 最終日にぎわう【帯広】

 「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は31日、最終日を迎えた。天候にも恵まれ、メイン会場の「夢の北広場」(JR帯広駅北側)には、午前中から多くの家族連れが訪れ、氷雪像前...

十勝毎日新聞

滝川市の山本さん氷彫刻最高賞 氷まつり【帯広】

 第58回おびひろ氷まつりの「第37回北海道氷彫刻展冬季帯広大会」(帯広のまつり推進委主催)で、最高位の北海道知事賞に、「ログホテル メープルロッジ」(岩見沢市)の料理長山本剛史さん(37)=...

名寄新聞

月明かりに照らされ・ムーンウオーク開幕【下川】

 満月に照らされた積雪の夜の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も28日から始まり、五味温泉隣接のエコハウス「美桑」前集合、体験の森で開かれている。  各...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス