北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

3000個の幻想「氷灯夜」【芽室】

手作りのアイスキャンドルや雪像が並んだ会場

 芽室町の冬の風物詩「氷灯夜2021」(同町観光物産協会主催)が6日夜、町内の芽室公園で開かれた。3000個を超すアイスキャンドルの火が会場を照らし、訪れた家族連れらは幻想的な空間を楽しんだ。

 昨年の第30回まではバレンタインデー(2月14日)に開催していたが、今回から開催日を変更。新型コロナウイルス感染症対策のため、飲食の提供や恒例だったスノーブライダルなどのステージイベントを行わない形での実施となった。

 午後5時の開場に合わせて、来場者がアイスキャンドルに点灯。子どもたちは雪の滑り台や迷路を楽しんでいた。

 “見て楽しめる”氷灯夜を目指した今回は、立体物などに映像を映す技術「プロジェクションマッピング」を初めて導入。雪で作った縦4メートル、横10メートルの立体的な壁面にアニメーションや芽室町内の風景を投影した。

 町内の小学生が木の葉や枝を使って作った氷のお面も並べられた。自分の作品を見つけた男児は「口や髪の毛が上手にできた」と笑顔で話していた。最後は花火が約10分間打ち上がり、夜空を彩って閉幕した。

関連記事

十勝毎日新聞

ママチャリ完走目指し 「5時間耐久」【更別】

 「全日本ママチャリ5時間耐久レース」(実行委員会主催)が5日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。自動車レースの舞台となるコースを、39チーム約260人が自転車で完走を目指して駆け抜けた。 ...

十勝毎日新聞

ランナー事前登録開始 来月オンライン開催 フードバレーマラソン【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で2年連続の中止が決まり、今年もオンライン開催となった「フードバレーとかちマラソンON THE WEBhttps://wwwfoodvalleymarathoncom/」が10月1日から始まる。新たに有...

十勝毎日新聞

屋台や縁日楽しむ 22日に「納涼祭」【帯広】

 屋台や縁日が楽しめる「おびひろ納涼祭」が22日、帯広市中心部の駅北多目的広場で開かれる。  実行委員会(佐藤彰紘委員長)主催。シュガーハート、cafeW、ARiA、ミドリ調剤(いずれも帯広)...

十勝毎日新聞

マルシェ今年も巡って食べて 9月から2カ月【十勝】

 食と音楽の祭典「とかちマルシェ」の実施概要が7日までに固まった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、今年も従来型の集積実施ではなく、管内の飲食店などを巡ってもらい、十勝産食材を使った料理を食べ...

十勝毎日新聞

森の中で週末を 今年も「マルシェ」【芽室】

 芽室町で飲食事業を営む「めむろプラニング」(上芽室基線4ノ11、鈴木久恵社長)は敷地内の森を活用し、7月3日から9月27日までの毎週土・日曜に「ちいさな森のマルシェ」を開く。  パークゴル...