北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「鳥せい」家庭で味わって 門外不出の味付け肉 福原が販売【十勝】

 スーパーマーケットチェーンの福原(帯広市、福原郁治社長)は、十勝のソウルフード「鳥せい」の門外不出の味を家庭で楽しんでもらおうと、パック入りの鳥せい味付け肉を商品化し、一部店舗で販売を始めた。数量限定のため、入荷直後に完売することも多く、今後は製造量を増やす考えだ。

鳥せい味付け肉のパック商品と山口さん。「品切れになる日も少なくない」という

 商品は「鳥せい 味付若どり」。若鶏のモモ肉・300グラムを、店内で食べる炭火焼き、「から揚げ」と同じ味付けで加工している。

 そのままフライパンで焼いて炭火焼き風で味わったり、片栗粉をまぶして油で揚げて食べる。通常タイプと、札幌地区のグループ店「チキンペッカー」の辛口味付の2種類。1袋598円(税別)。

 鳥せいチェーンに味付け肉を供給する鳥せい商事(清水町)の協力で、味付け原料を特別に仕入れた。JA十勝清水町の子会社「十勝清水フードサービス」(同)に袋詰めを依頼し、昨年12月に商品化した。

 鳥せい商事はこれまで、チェーン店以外に下味肉は供給せず、鳥せいブランド商品の共同開発に関する誘いも断ってきた。

 創業者の門脇和行顧問は「(福原側から)熱心なオファーを受けた。商品を通じて改めて鳥せいの味を思い出してもらい、来店につながれば」と話す。

 福原は昨年秋から「オンリーワンプロジェクト」として、地産地消につながるこだわりの商品の開発や販売を進めており、今回は第1弾。商品部の山口淳一食肉課バイヤーを中心に企画し、商品化にこぎつけた。

 清水町と、帯広市内の大型6店で週2回、木曜と土曜日に計300パックを販売している。近く複数工場制とし、販売量を増やす予定だ。

 担当役員の鷲平雅保常務は「完売が多く、予想以上の反応。良質で地産地消につながり、福原だからこそ買えるものを今後も供給したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス