北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

クマ対策ボードゲーム開発 七飯町の吉田さんらが共同で【七飯】

 【七飯】一般社団法人ハイパーイナカクリエイトの吉田浩平代表理事(33)は、「社会課題の解決」を目的としたシリアスボードゲームを手掛ける「Pine Tree(パインツリー)」(東京、松木崇晃理事長)などと共同で「七飯町クマ対策ボードゲーム」の開発に取り組んでいる。現在はゲーム内容などの調整段階で、夏にも完成させたい考え。

 シリアスゲームは、さまざまな立場を経験することができるため、多角的な視野を得られたり、失敗を通じて知識を身に付けられたりするメリットがある。

 吉田さんは6年前に七飯町の嘱託職員として採用され、これまで鳥獣対策や大沼の保全活動などに従事してきた。その中で、農家やハンター、行政が鳥獣対策を主導している現状に疑問を持つようになり「地域一丸となって考えていく方法はないか」と頭を悩ませていた。

 そんな中、2年前にパインツリーが開発したイノシシ対策のシリアスボードゲームを体験する機会があり、そこでイノシシに関する知識を身に付けられたという。その後、松木理事長らにクマ対策のゲームについて話を持ち掛けたところ共感を得られ、昨年から開発を進めてきた。

 ゲームは2~6人用で、プレイヤーは住民4人、クマ2頭に分かれる。春夏秋冬をそれぞれ1ターンとし、最大で8ターン(2年間)行う。住民は農地を開拓するか、電気柵や爆竹などのクマ対策を取るかを選択しながらマスを進み、クマは開拓されている農地の農作物か1ターンごとに登場する観光客が捨てるゴミを狙って進む。最終的には住民とクマのどちらの行動が勝ったかで勝敗が決まる。

 ゲームを通じて、クマの農地への侵入防止策やクマとの共存、観光客の餌付け問題などを考えられるといい、吉田さんは「クマは困らせたくて人里に来ているわけではないことを理解してほしい。ゲームを楽しみながら学んでもらえれば」と話している。

     ◇

 吉田さんをはじめとする開発メンバーは、開発経費などをクラウドファンディングで募集している。一口3000円からで、返礼品としてクマとイノシシのボードゲームやオンライン体験会などを用意している。受け付けは26日まで。サイトは(https://readyfor.jp/projects/pine-tree)から

クマ対策ボードゲームを開発した吉田さん

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...