北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

情報不足で手探り状態【浦河】

 浦河町は16日の町議会厚生文教常任委員会で、4月から65歳以上の高齢者を手始めに予定している新型コロナウイルスワクチン接種の概要を説明した。国からの具体的な情報提供が少ないため、手探り状態での準備作業になっている。

 国内のワクチン接種は17日から国立系の医療機関100病院の医師や看護師ら約4万人から始まり、3月には残る370万人の医療従事者、4月1日から約3600万人の高齢者接種を予定している。接種対象は16歳以上。

 医療従事者は道、これ以外の住民は市町村単位で実施する。日高振興局保健環境部によると、低温保存が必要な米ファイザー社のワクチンの輸送・保管に使用する特殊な冷凍庫(マイナス75度)の管内分は、2月末までに1台が医療機関(配置先非公表)に届き、その後、3月に各町に1台ずつ配置される予定という。

 浦河町によると、これまで国から示された接種日程は、町内医療従事者は3月から、65歳以上の高齢者は4月からだが、基礎疾患のある人や高齢者施設などの従事者、60~64歳、その他の人は「今後国から示される」(町説明)ため、「国からの情報が遅れていて基本的に情報が来ないため、はっきりしたことは現状では分からない」(池田拓町長)と困惑気味だ。

 町の接種は医療機関での平日の個別接種と公的施設などに特設会場を設置する土、日曜日など休日の集団接種の2タイプを想定し、現在、町内医療機関と調整中。ただ、必要な冷凍庫やワクチンがいつ来るのかは「情報がほとんどない」と説明している。

 町によると、4月からの高齢者の接種に向けた接種券(クーポン券)の対象者への発送についても、国は現在、各自治体に対し早い時期の送付を止めているという。国も自治体も走りながらの準備で、国が示している計画通り実施できるのか、接種希望者がどれだけになるのか現段階では不透明だ。

 浦河町の接種対象者は約1万人(16歳以上)で、接種できる医師や看護師の確保が最大の課題。ファイザー社の接種は3週間の間を置き2回必要で、池田町長は約3000人いる高齢者のワクチン接種について、国が現段階で示している「4月から6月までの3カ月間での終了は無理だろう」と説明した。

関連記事

十勝毎日新聞

搾乳ロボ導入 十勝117戸 全道382戸【十勝】

 道農政部は、道内での搾乳ロボットの導入状況などをまとめた「新搾乳システムの普及状況」を公表した。搾乳ロボを導入している農家は前年から83戸増えて382戸、うち十勝は31%に当たる117戸と地区別...

十勝毎日新聞

FDAがチャーター便 GWに「中部」結ぶ計画【帯広】

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が、今年のゴールデンウイーク(GW)に、とかち帯広空港と中部国際空港(愛知)を結ぶチャーター便の運航を計画していることが分かった。日程や便数などの詳...

十勝毎日新聞

青空へ ナイスショット 札内川ゴルフ場練習場が開業【幕別】

 幕別町の札内川ゴルフ場の練習場(札内稔町57)が6日午前9時、オープンした。大雪の影響を受けた昨年より8日早い。シーズン開始を前に、愛好家らが快音を響かせた。  同練習場を運営する幕別町地...

釧路新聞

高田さん「R―1グランプリ」決勝へ【別海】

 町出身のお笑い芸人、高田ぽる子(本名・高田侑(ゆう)奈(な))さん(22)が、ひとり芸の日本一を決める「R―1グランプリ2021」の決勝にする。芸歴2年ながら初のファイナリストに残り、「いまだに...

日高報知新聞

移住増のインド人へインド製品届けたい ビシュヌ・ギリさんが移動販売車で【..

 ネパール人の実業家、ビシュヌ・ギリさん(38)=苫小牧市在住=は、日高管内の軽種馬牧場などで働く人たちが増加しているインド人を対象に、スーパーなどで販売していないインド製の食材を中心にした移動販...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス