北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

旧経済ビル解体終了 新店舗棟 12月オープンへ【帯広】

店舗棟の建設が予定されている旧経済センタービル跡

 帯広経済を半世紀近く見守り続けた旧帯広経済センタービル(旧ビル、帯広市西3南9)の解体工事が終了し、4月以降、跡地で店舗棟の整備が始まる。旧イトーヨーカドービル跡を含む「帯広市西3.9周辺地区第一種市街地再開発事業」の一環で、施行側のアルファコート(札幌市)によると店舗棟は12月上旬のオープンを予定している。同地区の再開発では、宮坂建設工業がある西4南8の敷地の整備(自走式駐車場)も5月に始まる予定で、新年度中にすべての事業が完了する。

 同再開発事業は西3南9周辺の2ヘクタールを104億円かけて整備するもので、高層分譲マンションや新・経済センタービルなどは完成している。施行者はアルファコートによる特別目的会社。

 旧ビル(1974年築)は鉄筋鉄骨造り地上8階・地下2階建て、延べ床面積は6185平方メートル。解体工事は1月末で完了した。

 店舗棟は地上3階建て、延べ床面積2600平方メートル。宮坂建設工業が施工を担当、今月から準備に入り、4月以降、工事を本格化させる。11月末の完成を予定している。

 現時点では、高層分譲マンション販売担当のフージャースコーポレーションによるスポーツ関連施設や、物販テナントの出店が検討されている。

 アルファ側は「他にもいくつかの企業と交渉中。工事は順調に進んでおり、安全に配慮しながら事業を進めたい」としている。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...