北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ショパン国際ピアノコンクールアジア大会小学部門 中村君(明野小2年)と長松君(北星小5年)が奨励賞

「第22回ショパン国際ピアノコンクールinASIA」(組織委員会主催)のアジア大会で、苫小牧明野小2年の中村斗哉君(8)と北星小5年の長松海世君(11)が、それぞれ出場部門の奨励賞を受賞した。2人は賞状とメダルを手に喜びを語り、さらなる表現力の向上に意欲を見せた。

奨励賞を受賞した中村君(右)と長松君

 同コンクールは優れた演奏家の発掘・育成を目的に地区大会、全国大会、アジア大会の順で毎年開催されている。今回は2020年10月5日から21年1月5日までの間、新型コロナウイルス感染拡大防止のため会場を設けず、参加者が自ら撮影した動画を、動画投稿サイト「ユーチューブ」上に投稿するオンライン形式で行われた。

 中村君は12月中旬の全国大会で銅賞を受賞し、アジア大会の出場権を獲得。シマノフスカの「コントルダンス」を演奏し、72人が参加した小学1、2年生部門で奨励賞に輝いた。「観客がいなかったからリラックスでき、ダンスをしているような気持ちで弾いた」と振り返り「もっとうまく弾けるよう、これからも練習を頑張りたい」と笑顔を見せた。

 ピアノ歴約4年の長松君も全国大会で銅賞、81人が参加したアジア大会小学5、6年生部門で奨励賞を受賞した。ショパンの「幻想即興曲」を選び、「弾き方のタッチなど難しいところがたくさんある曲。風の音や風景をイメージして演奏した」と話す。納得できる演奏ができず悔しい気持ちだといい、「たくさん勉強して、もっといろいろな音色を出せるようになりたい」と成長を誓った。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...