北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

環境美化協力に感謝 「ありがとう袋」配布 家庭ごみ排出に利用可能 苫小牧市

苫小牧市は今月、ごみ減量や環境美化に積極的に取り組む個人、団体に、有料指定ごみ袋として使える「ありがとう袋」を配布する事業を始めた。市民の家庭ごみ排出で、最も利用が多い20リットル用のごみ袋。市公式キャラクター「とまチョップ」の絵柄入りで、燃やせるごみ、燃やせないごみのいずれでも使える。

市が配布を始めたとまチョップの絵柄入り「ありがとう袋」

 配布対象は(1)市の助成制度を利用して、生ごみの堆肥化容器などを購入した世帯(2)共同住宅優良ごみステーションの認定を受けた団体(3)ごみ拾いやごみステーション清掃などの環境美化活動を月1回以上、継続的に行い、推薦書を提出し、適当と認められた人―のいずれかのケース。交付は年1回で、(1)と(3)には1セット(20リットル10枚)、(2)は団体に対して12セット(計120枚)をそれぞれ贈る。

 デザインは市職員が考案。路上や公園などでごみ拾いをする団体に配布しているボランティア袋と異なり、家庭ごみを捨てる際に利用できるのが特徴だ。

 市が今年度実施中の「053(ゼロごみ)大作戦」の関連事業。ありがとう袋の配布は2021年度以降も継続する予定だ。

 市ゼロごみ推進課は「継続的な環境美化への協力に対する感謝の思いを込めた。きれいなまちづくりに、気を配る人が増えるきっかけになれば」と期待を寄せる。問い合わせは同課 電話0144(55)4077。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...