北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自転車競技 普及に情熱 鎌田利道さん悼む声【帯広】

リオデジャネイロ五輪に出場した山本選手をネット観戦する鎌田さん(2016年8月22日)

 老舗自転車店・鎌田輪業(帯広市東7南4)のオーナーで、18日に亡くなった鎌田利道さんは、長年にわたり、十勝の自転車競技やサイクリングの普及に尽力した。選手や、サイクル・ツーリズムの普及に取り組む関係者は、鎌田さんを悼むとともに感謝の声を寄せている。

 東京五輪マウンテンバイク競技の日本代表で、幕別町出身の山本幸平選手(35)=ドリームシーカーレーシングチーム=は、自身のファンクラブ会長を長年務めた鎌田さんに「感謝の気持ちしかない」と話す。

 小学4年の時に初めて鎌田輪業を訪れ、家族ぐるみの付き合いを続けた。「小学生でレースに出始めて以降、店に行くたびに『スポーツ選手は常に謙虚であるべきだ』『スポーツは真剣勝負だ、やり続けるしかないんだぞ』と励まされた」と懐かしむ。

 鎌田さんから届いた今年の年賀状には「自分は東京には行けないが、最後まで頑張って」と書かれていた。山本選手は「東京五輪では、教えを忘れずにゴールまで駆け抜けたい」と決意を新たにする。

 十勝サイクリング協会の理事長などを歴任し、自転車愛好者の輪をつくる活動にも力を注いだ。

 昨年のサイクリングイベント「十勝クライムキャンプ」の開催に関わった、十勝バイシクルプロジェクトの小川宣幸代表(47)は「鎌田さんから『受付でもなんでも手伝いたい』と言ってもらった。一線は退きつつも、自転車の楽しみを伝え続けてくれた」と惜しんだ。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...