北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コロナ 老舗に迫る決断 親子3代「君乃湯」幕【帯広】

 帯広市内の君乃湯温泉(西5南32、佐藤ツセさん経営)は3月末で営業を終え、54年の歴史に幕を閉じる。佐藤さん(92)は夫の君夫さん(故人)亡き後も息子と孫の3世代で湯を守ってきたが、コロナ禍による客数減や施設の老朽化にあらがえなかった。佐藤さんは「人生の半分以上を温泉・風呂に費やしてきた。やり残したことはない」と語り、残る日々も静かに客を待つ。

54年の歴史に幕を下ろす君乃湯温泉

 同所で農家を営んでいた佐藤家。君夫さんがけがで農業を続けられなくなったのを機に、1967年、夫婦2人で沸かし湯の風呂屋を始めた。店名は、君夫さんの名にちなんだ。84年に温泉としての営業をスタート。91年にリニューアルして、寝湯や泡風呂などのほか、乾式サウナ付きになった。

 2000年に君夫さんが死去。その後は息子の設夫さん(68)や孫の宗平さん(32)、昔ながらのスタッフたちが佐藤さんを支えた。清掃や3時間かかる湯張りのため、午前5時ごろからスタッフが準備に入る。休みは月1回で、それ以外は新年の1月1~2日しかない。

 しかし、コロナ禍で温泉の利用は例年に比べて1割減が続いており、設備更新などの費用もかさむことから廃業を決めた。昨春から考え始め、今月から貼り紙で利用者に伝えている。

君夫さん亡き後、3世代で切り盛りしてきた(左から)設夫さん、佐藤さん、宗平さん

 天窓から光が差し込むと、茶褐色の湯が黄金色にも表情を変えるという君乃湯温泉。もう、開業当時を知る客もほとんどいなくなった。仏壇に向かい、「もうこれだけしたんだから、やめようと(君夫さんに)伝えた。ゆっくりすることにします」と佐藤さん。設夫さんも「これからはもう毎日休み。コロナがなければ、ゆっくり温泉旅行に行きたかったんだけどね」としみじみと話す。

 3月15日の定休以外は休まず、同月末まで営業するという。営業時間は午前11時~午後11時。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...