北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

元日本代表の三浦さん、函館にフットサルスクール開校へ

フットサルスクール開校と選手育成に意欲を見せる三浦さん

 フットサル元日本代表の三浦拓さん(28)=函館出身=が4月、函館に小学生向けの「セーブスフットサルスクール函館校」を開校する。「フットサルはボールに触る回数が多く、判断スピードや足元の技術が培われる。サッカーにもつながるので、多くの子どもたちを指導できたら」とPR。自身の経験を伝えながら、地元の次世代育成に情熱を注ぐ。

 ゴールキーパー(GK)としてアストーレ鍛神FC、スプレッド・イーグルFC函館でプレー。矢板中央高(栃木)、日本体育大を経て、Fリーグの湘南ベルマーレ、エスポラーダ北海道で活躍し2017年にはフットサル日本代表に選出。19年に現役を引退し、現在はエスポラーダ北海道のU-10とU-12、全国大会常連の北海道文教大明清高女子サッカー部を指導。昨年には将来のフットサル日本代表GKを育てるJFA(日本サッカー協会)のキャンプにコーチとして参加した。

 「出会った指導者に恵まれていたこともあり、湘南にいる時から『函館で指導者になりたい』と考えていた」と三浦さん。まずは昨年4月、拠点の札幌で小学4年生~中学3年生のGKを養成するスクールを立ち上げ、札幌と函館を往復しながら、1年かけて函館校の開設準備を進めてきた。

 函館校は週1回(年間42回)のレッスンで、函館フットボールパークなどを使用する。学年別の3クラスを開設し、U-8(1、2年生)は遊びの要素を取り入れた基礎トレーニング、U-10(3、4年生)はゲーム形式を重点的に行う。U-12(5、6年生)は試合で頭を使ったプレーを発揮できるよう、戦術や動き方を学ぶ。

 小学4~6年生が最も力が伸びる時期だといい「基本的には子どもに自由にやらせたい。困っている時に必要な声をかけるように意識している」。スプレッド・イーグルFC函館時代にはフットサルで全国優勝。海外留学やプロなどさまざまな舞台を経験し「プロになれるのは一握りで、簡単に『なれる』と言うのは無責任。まず、あいさつやルールを守ることなど人間力を育てたい。少年団に入っている子のプラスアルファにもなるのでは」と意欲を見せる。軌道に乗れば、レディースクラスやGKクラスも展開していきたいという。

 クラス共通で入会金1万円、月6600円。定員は各クラス12人。開校に先立ち、4月5日に同フットボールパークフットサルコートで無料体験会を開く。問い合わせや体験会の予約はスクールのホームページ(QRコード)から。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...