北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老町立国保病院、医師不足問題が急浮上 常勤医2人が年度内に退職

医師の確保に迫られている白老町立国保病院

 白老町立国保病院で医師不足の問題が急浮上している。救急医療にも対応する常勤医3人のうち、内科と外科の2人が今年度内に自主退職し、3月末時点の常勤医が1人という事態になる見通し。同病院は4月に内科医1人を採用する予定だが、それ以外に医師確保の見通しは立っておらず、医業収益の低迷は避けられない情勢だ。

■相次ぐ常勤医の退職

 同病院によると、1月に内科医長が退職し、3月末には外科医が病院を去る。同病院の常勤外科医については、2013年4月から不在となり、出張医で診療に対応してきた。昨年10月にようやく常勤医を確保できたものの、再びいない状態となる。

 このため、常勤医は猪原達也院長1人という事態に。4月に内科医1人の採用が決まっているものの、医師確保の難しさから当面、常勤2人体制が続く見込みだ。

 同病院は内科、外科、小児科の診療科目を持ち、常勤4人を基本的な体制としている。しかし、医師の確保難から13年度以降、3人体制が続き、19年12月の内科医1人の退職でついに2人になった。昨年10月の外科医採用で3人に戻したが、相次ぐ退職でまた振り出しに戻る形に。常勤医以外にも、非常勤医2人のうち内科医1人が3月末で辞める予定で、相次ぐ医師の退職に病院側は苦慮している。

■医業収益も低迷

 自己都合の退職理由はさまざまだが、常勤医の減少は救急医療や通常診療の体制的課題のほか、医業収益の低迷という経営的問題を引き起こす。常勤医2人になった19年度は、患者数の落ち込みで収入が減り、経常損失4800万円の赤字決算となった。

 20年度は新型コロナ感染拡大による外出控えが受診抑制を招いたほか、医師不足で入院・通院の医業収益が上がらず、引き続きマイナス5000万円程度の赤字決算となる見通しだ。

 医師不足を要因とした医業収益の低迷で、町一般会計からの繰入金は19年度で3億円超、20年度も4億円超となり、町財政を圧迫させている。医師増員の見通しが立っていない中、21年度も厳しい経営を強いられることが予想される。

 病院経営の問題にとどまらず、地元4医療機関が連携し個別・集団を基本とした4月以降の新型コロナワクチン接種体制を築く上でも、医師不足が課題となる可能性がある。さらに民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に伴う観光客の入り込み増を見込み、必要としていた常勤医増員による救急医療強化も進まない状況が続いている。

 24年度開院予定の新病院の建設に向けても、医師の確保と定着が求められる中で、村上弘光事務長は「さまざまな機関に働き掛けるなど、あらゆる手段で確保に努めたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

搾乳ロボ導入 十勝117戸 全道382戸【十勝】

 道農政部は、道内での搾乳ロボットの導入状況などをまとめた「新搾乳システムの普及状況」を公表した。搾乳ロボを導入している農家は前年から83戸増えて382戸、うち十勝は31%に当たる117戸と地区別...

十勝毎日新聞

FDAがチャーター便 GWに「中部」結ぶ計画【帯広】

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が、今年のゴールデンウイーク(GW)に、とかち帯広空港と中部国際空港(愛知)を結ぶチャーター便の運航を計画していることが分かった。日程や便数などの詳...

十勝毎日新聞

青空へ ナイスショット 札内川ゴルフ場練習場が開業【幕別】

 幕別町の札内川ゴルフ場の練習場(札内稔町57)が6日午前9時、オープンした。大雪の影響を受けた昨年より8日早い。シーズン開始を前に、愛好家らが快音を響かせた。  同練習場を運営する幕別町地...

釧路新聞

高田さん「R―1グランプリ」決勝へ【別海】

 町出身のお笑い芸人、高田ぽる子(本名・高田侑(ゆう)奈(な))さん(22)が、ひとり芸の日本一を決める「R―1グランプリ2021」の決勝にする。芸歴2年ながら初のファイナリストに残り、「いまだに...

日高報知新聞

移住増のインド人へインド製品届けたい ビシュヌ・ギリさんが移動販売車で【..

 ネパール人の実業家、ビシュヌ・ギリさん(38)=苫小牧市在住=は、日高管内の軽種馬牧場などで働く人たちが増加しているインド人を対象に、スーパーなどで販売していないインド製の食材を中心にした移動販...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス