北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ワーケーション、国立公園活用 管内にも期待【十勝】

 新型コロナウイルスを契機に新たな生活スタイルが模索される中、道内でも国立公園を活用した「ワーケーション」を推進する動きが出ている。北海道ナショナルパークワーケーション協会(札幌市、鳥取義之代表理事)は昨年、釧路管内で体験事業を実施、今後は十勝での事業展開も視野に入れている。12日には関係者が十勝入りして食やサウナを体験、日高山脈の国立公園化も踏まえ十勝での事業展開に意欲を見せた。

十勝を訪れた(左から)加藤理事、庄司理事、鈴木事務局長、アドバイザーの人見氏、守岡氏、内田氏

 同協会は昨年11月に設立。各種セミナーや自治体と連携したワーケーションプログラムの開発などを展開している。現在はテストプログラムを提供している段階だ。

 昨年は阿寒摩周国立公園を中心に実証事業を実施。首都圏の経営者がテレワークの環境を確認、カヌーなどのアクティビティーや道産食材の料理を楽しんだ。地域事業者と意見交換も行った。

 十勝には12日、加藤敏明理事、庄司岳理事、鈴木藍事務局長の3人が来訪。心のエクササイズ「マインドフルネス」の専門家の人見ルミさん、JTB総研の内田亜由美さん、日本食文化研究料理家の守岡実里子さん=いずれも協会アドバイザー=が同行した。一行はファームレストランやサウナを巡り、地元関係者と意見交換。その一環として十勝毎日新聞社にも表敬訪問した。

 加藤理事は「国立公園のブランドはハイエンド。(ワーケーションは)観光産業発展のきっかけになる」と強調。鈴木事務局長は日高山脈襟裳国定公園の国立公園化を踏まえ、「(十勝のように)観光のベースと自然環境のそろっている地域は北海道でも多くない。食やサウナを“売り”にしたプログラムは可能性として面白い」と述べた。

 同協会は今後、環境省と連携を深めて道内での事業展開を予定。十勝では上士幌町や帯広市などでワーケーションの機運が高まっており、今後の展開が注目される。

<ワーケーション>
 「ワーク」(仕事)と「バケーション」(保養・旅行)を組み合わせた造語。職場とは異なるリゾート地や観光地などで働きながら休暇を取ること。環境省は国立公園でのワーケーション推進を打ち出している。

関連記事

十勝毎日新聞

搾乳ロボ導入 十勝117戸 全道382戸【十勝】

 道農政部は、道内での搾乳ロボットの導入状況などをまとめた「新搾乳システムの普及状況」を公表した。搾乳ロボを導入している農家は前年から83戸増えて382戸、うち十勝は31%に当たる117戸と地区別...

十勝毎日新聞

FDAがチャーター便 GWに「中部」結ぶ計画【帯広】

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が、今年のゴールデンウイーク(GW)に、とかち帯広空港と中部国際空港(愛知)を結ぶチャーター便の運航を計画していることが分かった。日程や便数などの詳...

十勝毎日新聞

青空へ ナイスショット 札内川ゴルフ場練習場が開業【幕別】

 幕別町の札内川ゴルフ場の練習場(札内稔町57)が6日午前9時、オープンした。大雪の影響を受けた昨年より8日早い。シーズン開始を前に、愛好家らが快音を響かせた。  同練習場を運営する幕別町地...

釧路新聞

高田さん「R―1グランプリ」決勝へ【別海】

 町出身のお笑い芸人、高田ぽる子(本名・高田侑(ゆう)奈(な))さん(22)が、ひとり芸の日本一を決める「R―1グランプリ2021」の決勝にする。芸歴2年ながら初のファイナリストに残り、「いまだに...

日高報知新聞

移住増のインド人へインド製品届けたい ビシュヌ・ギリさんが移動販売車で【..

 ネパール人の実業家、ビシュヌ・ギリさん(38)=苫小牧市在住=は、日高管内の軽種馬牧場などで働く人たちが増加しているインド人を対象に、スーパーなどで販売していないインド製の食材を中心にした移動販...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス