北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ホッキを特別価格で販売 27日ドライブスルー形式で-苫小牧漁協

ホッキ販売をアピールする漁協職員

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は27日、「苫小牧産ホッキ貝(涙の)ドライブスルー販売」を初開催する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、飲食店需要、価格が低迷するホッキ貝を10個税込み1500円の特別価格で販売。スーパーなどに比べて約1000円安く、同漁協は「原点に返って個人消費の拡大を目指す」と話している。

 当日は午前9時半~正午、苫小牧市汐見町の同漁協浜の交流館で、コロナ対策のためドライブスルー形式で販売する。車両で訪れることが条件で、徒歩などの来場者は購入できない。ホッキ10個と保冷剤を発泡スチロール箱に入れて売るため、贈答用にも最適。車両1台につき5箱まで。ホッキは約3トン、1000箱分を用意する。

 苫小牧産ホッキは水揚げ日本一(市町村別)を誇り、同漁協がブランド化を推進する特産品。コロナ禍により飲食店や宿泊施設などで需要や消費が落ち込み、2020年は1キロ当たりの卸値(税抜き)が月別平均で246~505円となり、前年比で最大244円安と暴落した。出荷調整の休漁を余儀なくされるなど、漁業者は厳しい経営環境に陥っていた。

 苦肉の策のイベント販売だが、同漁協は「コロナ収束のめどが立たず、個人向けの消費拡大がいっそう重要となっている」と強調。「この時期のホッキは産卵前で栄養を蓄え、プリッとしている。食べて免疫力を付け、みんなでコロナに打ち勝とう」と呼び掛ける。

 当日は国道276号から市道港通を南下すれば誘導員が会場まで誘導する。問い合わせは漁協 電話0144(35)0111。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス