北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

新型コロナワクチン 集団接種へ 粛々と準備【根室】

総合文化会館による集団接種で新型コロナのワクチン接種を行うことを明らかにした対策本部会議

 根室市新型コロナウイルス感染症対策本部会議が22日朝に開かれ、同ワクチン接種対策室はワクチン接種について総合文化会館での集団接種で行うことを明らかにした。発熱外来などを持つ医療機関ではスペースが確保されないことなどから集団接種としたもので、ワクチンの供給日程などが未定のため、現状では国が示すガイドラインに沿いながら市内の医師会などと連携し「粛々と準備を進めたい」(斉藤貴志対策監)としている。

 国内の新型コロナのワクチン接種は2月17日から来年2月末までを予定。対象は16歳以上で、2回の接種が必要で、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を行う。厚生労働省が示したスケジュールによると、医療従事者向けの先行接種(4万人)が17日から開始され、一般の医療従事者(370万人で、100万人増える見通し)は3月中に、65歳以上(3600万人)の高齢者は4月1日以降に、基礎疾患のある人や高齢者施設等の従事者(1020万人)、その他の人はワクチンの供給量などを踏まえ順次接種となっている。また、接種については自治体の裁量に任されている。

 市では今月は8日にワクチン接種対策室を設置。準備を進めてきたが、接種方法については、「医療機関が少なく、発熱外来を持つ医療機関ではスペースの確保が困難」とし、さらに市民の混乱を避けるためにも「総合文化会館で集団接種する方向で一本化した」(斉藤対策監)と対策本部会議で報告した。

 なお、ワクチン接種は予約制で、準備が整い次第、接種券(クーポン券)を郵送する予定。「ワクチンの供給など未定の部分も多いが、市内の医師会の協力を得ながら、コールセンターの設置など粛々と準備を進め、情報収集や市民周知に万全を期したい」と述べた。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス