北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

B☆Bもストリートピアノ【浦河】

 子どもから高齢者まで幅広い層を対象にした浦河町教委主催の「生涯学習フェスティバル体験フェア」が21日、総合文化会館で開かれ、午前と午後で約100人の家族連れなどが参加し、各団体(サークル)の活動に触れた。

 浦河町は1998年(平成10年)に「生涯学習の町」を宣言。生涯学習の普及啓発のため、各種事業を提供して生涯学習活動の奨励を図り、各団体が主体性を持った体験的なプログラムの提供や、成人や青少年に対する体験活動の機会を提供している。

 この日行われた体験講座は、「ウシ」のステンドグラスづくり体験(2階美術工芸室)、ストリートピアノ(1階ロビー)、生け花体験(3階ふれあいホール)が午前の部。午後からは町地域おこし協力隊員の上野聡士さんの「けん玉検定」に挑戦(3階ふれあいホール)、はじめての詩吟教室(2階第3研修室)、朗読の時間~夏目漱石『夢十夜』を読む~(地階ミニシアター)のプログラム。

 この中で、SNSなどで流行し、世界中で注目されているストリートピアノ(街角や駅、空港、商業施設などで自由に演奏することができる)では、浦河町の特別アドバイザーでプロ野球の北海道日本ハムファイターズのマスコット「B☆B」がオープニングを飾り、駆け付けた町民ら約50人の前でこの日のために練習してきた「春よ来い」を披露した。

集まった観客にピアノ演奏を披露するB☆B

 観客たちはB☆Bの華麗なピアノ演奏に聴き惚れて拍手喝采。記念撮影のあと、アンコールには「Pretender」で応えた。

 ストリートピアノは午後3時半ごろまで設置され、町民たちが奏でる演奏が文化会館内に響き渡っていた。

 また、午後からの上野隊員による「けん玉検定」合格に挑戦!にもB☆Bが飛び入り参加し、初心者を含めた子どもたち11人とけん玉の技比べ。

 難しい技に挑戦する子どもたちは、上野隊員からアドバイスを受けながら成功させようと集中して練習。「空中ブランコ」を成功させた小学3年男児は「できるようになってよかった」と笑顔だった。

けん玉遊びに夢中の子どもたち

関連記事

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

釧路新聞

消防本部岩見さん「指導救命士」に認定【釧路】

  釧路市消防本部(石山巌消防長)の救急救命士、岩見誠二さん(43)が同本部初の「指導救命士」に認定された。指導救命士は17日現在、全道で28人、釧根管内では岩見さんを含め3人で、救急隊員への指導...

十勝毎日新聞

旅立ち迫る 猿別川サケ稚魚【更別】

 春を迎えた猿別川の上流で、サケの稚魚の群れがすくすくと成長し、海への旅立ちの時を待っている。  十勝釧路管内さけ・ます増殖事業協会(帯広)が、3~5月に十勝管内12水系で計約1億1600万匹...

十勝毎日新聞

若駒 大舞台目指し 能検始まる ばんえい競馬【帯広】

 帯広市主催のばんえい競馬で、デビュー前の新馬の適性を見極める今年度の「第1回能力検査」が18日、帯広競馬場で行われた。雨が降りしきる中、未来の出世馬の期待を受けた新馬が力強い走りを見せた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス